masao_shindo
教育

ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム!? ~逆三尊底なのか否か!?~

FX_IDC:GBPUSD   ポンド/米ドル
ポンドドルの週足チャートを見てみましょう。

アイデア投稿をご覧いただいている方から、
「ポンドドル」の現状分析をどう見るかというコメントを頂きました。

では、まず移動平均線大循環分析(イド大)で見てみましょう。
現在第4ステージの下降期となっています。200EMAが右肩下がりとなっています。
帯は細いですが下降帯でです。
大循環MACD(大マク)や大循環ストキャス(大スト)で見ると、それぞれ下降の流れが継続しています。
「売り」にエッジがある状態ですね。

では、ここに水平線やトレンドライン、補助線を入れてみました。
底値で出てくるヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム(逆三尊底)のパターンのような形状です。

では、ここからどう見るかを検証してみましょう。
現状のチャート形状が逆三尊底の形だからといって買い目線で見ると、自らリスクを抱えてしまうかもしれません。
確かに逆三尊底のように見えますし、そうなるかもしれません。ならないかもしれません。
逆三尊底の完成形はネックラインといいますが、三つの安値の間の戻り高値(青色の点線)を超えて、
リターンムーブ(ネックラインのサポレジ転換)を確認して初めて完成となります。
ですから、ここで底値と決めつけて流れに逆らって買い目線で見るよりは、逆三尊底が完成してから対応しても十分間に合います。
なぜなら、週足での逆三尊底の完成後の値動きは相当大きくなることもあるからです。(勿論、ならないこともあります)

もちろん、日足や時間足でトレードをしていて、大ストや大マク、イド大などの買いのサインが出たから「買い」で対応するのであればOKです。
私が大事にしていることは幾つかありますが、その一つにトレンドの流れに乗っているか、流れに乗ろうとしているかです。
逆三尊底が完成形に近づくには、まずは、今の下降トレンドのライン(赤色の線)を上抜ける必要があります。
そして、ネックラインを超えてくれば近づいていきます。

一方で、直近の安値を割ってくれば逆三尊底の見立ては間違っていたことになります。

フォーメーション分析を使って、逆三尊底のイメージをもってトレードに活かすことは素晴らしいことです。
様々なパターンがありますので、それらを知るとトレードのヒントに繋がることがあります。
ただ、そのイメージに引っ張られた無理なトレードはリスクを高めてしまいます。

2016年に付けた安値に対して昨年末の安値が2番底となるのかどうかが焦点となりそうです。

イギリスではメイ首相が辞任を発表しました。
そのイギリスはEU(欧州連合)離脱の問題が未解決のままです。
今後もボラティリティ(変動率)が高くなりそうですので注目していきましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト