masao_shindo
教育

RSI(相対力指数)の考察

TVC:IXIC   ナスダック総合指数
(IXIC)ナスダック総合指数 日足

コロナショックの影響で大きく下落したマーケットでしたが、

世界の都市封鎖の影響は無かったかのような急反騰が続いています。

そこで、今回はRSI(相対力指数)と一緒にマーケットを見てみようと思います。

RSIは大昔は大好きでよく使っていました。

でも、今はほとんどトレードにおいては使うことはありません。

マーケットの状況を確認するときに見るくらいです。

では、RSIとはどういったものかというと、ある期間の値動き(上昇した動きと下降した動きの合計)を計算します。

そのうち、上昇した値動きがどれだけあったかを計算します。

そして、(上昇した値動き)÷(上昇した動きと下降した動きの合計)を計算して%表記にすると出てきます。

仮に、14日間の値動きが1000円で、その内700円が上昇した値動きであれば700÷1000で0.7、%表記すると×100になり70%となります。

一般的には70%以上は買われ過ぎで売りサイン、30%以下は売られ過ぎで買いサイン、となっていますが、私の考えは違います。

私は70%以上や30%以下は相場が徐々に過熱してきたという考えで、売買サインとは違うと考えます。

むしろ、大事なのは真ん中の50%ポイントで、そこが、買い方優勢と売り方優勢の分岐点と見ています。

このように、RSIも見方を変えると参照できるオシレーターに生まれ変わります。

売買サインに使ってはいけないとは言いませんが、考え方と使い方の工夫がいりますね。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

いつもお世話になっております。
私は、インジケーターとしてはRSIとストキャスティクスを参考にすることが多いのですが、ストキャスティクスの方が進藤先生が仰っている過去の一定期間の高安の中での現在の位置関係が把握出来る点では秀逸かと思いますが、進藤先生からみてストキャスティクスはどのように考えられておられますか?
+1 返信
@wakiaiai, さん

コメントありがとうございます。
私はストキャスもよく使います。
使う理由はストキャスの反応が移動平均線よりも早いからです。
先行指標的に使っています。

大事なことは、ストキャスの性質、RSIの性質など、それぞれのオシレーターの特性を深く理解することで、それぞれをより使いこなせるようになると思います。
返信
少し日数が経ちましたが、質問させていただきます。
RSI、いつも出していますが、仰るように売買サインとして使いづらくて、使ってもほかの指標と合わせます。

「RSIは大昔は大好きでよく使っていました。
でも、今はほとんどトレードにおいては使うことはありません。 」

差し支えなければ、その理由を聞かせていただけますか。
返信
masao_shindo Queserasera
@Queserasera, さん

コメントありがとうございます。
RSIは過去の値動きの中での上昇幅がどの程度あるかを見ていますので本来は現在地を見る指標です。(例えば14日の値動きが上下合わせて1000円ある中で上昇幅が700円だから70%)
それを、70%以上は売りとか、30%以下は買いというように、巷では逆張り指標として使っています。
私も、昔は逆張りとして使っていましたが、大相場を獲りきれないという悩みがありました。

やはり、大きな相場を獲るには順張りである移動平均線が一番だと感じています。
ですから、そろそろトレンド転換しそうな状況などで、RSIのダイバージェンスを使うというのはありだと思いますが、
RSIは現在地の確認に使う程度なので、それであればストキャスでも対応ができますね。
また、RSIを使いこなすのは工夫が必要なので、工夫の少ないもので対応する方が素直にトレードが出来るからですね。
宜しくお願い致します。
返信
Queserasera masao_shindo
@masao_shindo, さん

ご教示ありがとうございます。
色々と深く考えさせられたコメントでした。

「巷では・・・」耳が痛いですね。RSIの性質をよく調べずに、いわゆる投資の教科書の紹介を鵜呑みしていた自分が恥ずかしく感じております。

いつも誠意をもって対応してくださって、心より感謝しております。
返信
masao_shindo Queserasera
@Queserasera, さん

コメントありがとうございます。
一段、一段、階段を上るように一緒にチャート分析を学んでいきましょう。
こちらこそ、いつも励みになるコメントありがとうございます。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト