StrategistHachibe

重力波トレード

ロング
FX:JPN225   日経225
934 views
2
各ボトムやトップという点と、現在レートの点二つの位置関係は波動と言う往復する波の中でフィボナッチに支配されている。このフィボナッチはこの二つの点の空間であり、この空間を脱する時重力波として拡散する。その平均にあたる線は時間当たりの重力波が存在する平均値となる。これを観測する側で同じように重力波を発生させ向かってくる重力波に当てる事で重力波同士の平均点が観測できる。この観測点を下回った時、それぞれの重力波の平均を下回ったと判断できる為、下落のシグナルになる。また、クロス前の下落はフェイクの恐れがありフェイクに対しての予めの範囲を絞り込むことが可能。クロスの時間軸より後の次回のブレイクでトレンドの期待値が高まる。また、この波動が取れない場合は期待値の薄さを示唆する事にもなるため材料視できる。反転候補は上昇波動をフィボナッチで追いながら現在レートの足を測定し、いずれかの波動の半値で止められた時又は上昇波動の中で半値押しが起きていない波動半値にあたるフィボナッチ50%ラインから深いポイントでは80%、88.2%辺りが候補となる。また、この時に重力波のラインが取れない場合はまだ反転の兆しが無いとして無駄なエントリーを削減できる。