FX365_Thailand

【JXY/円インデックス】円インデックス、投機筋ポジション推移から見る円安方向継続の可能性

ショート
TVC:JXY   円指数
先週は下げ相場となったドル円。
今後の展開が注目されるところですが、円インデックスとドル円の週足は共に200週移動平均線がサポート・レジスタンスされる形で引けており、円安が継続する可能性を見ています。

まずは円インデックスの週足から振り返ります。

円インデックスの週足は、ローソク足が月足レベルで引ける上昇チャネル下限及び200SMAでレジスタンスされる形で終了。
前回円インデックス投稿ではこの月足チャネルで反転しての円高の可能性を見ていましたが、このような形となってしまってはここから切り返す可能性は低そうです。
このままチャネル下限で上値が抑えられれば、チャート上の次の目安である、昨年コロナショック時につけた89.0水準を目指して円安傾向が進む可能性の方が高いと言えるでしょう。

円インデックス週足


続いてドル円の週足です。

先週1週間は下げ相場となりましたが、こちらも週足レベルで見ると200週移動平均線(パープル)で下ヒゲをつけて支えられる形となって終了しています。
週明けにもうひと下げして赤のトライアングル上限まで押す可能性に留意しつつも、200週MAがサポートに転換して再度上昇していく方向をメインのシナリオとして見ています。

チャート株に表示しているのはCFTCによる投機筋のポジション推移です。
緑が買い、売りが紫、青がネットポジションとなっており、投機筋は4週連続での売り越しになっています。
この点からもまだ円売りポジションが積み上がっていく可能性は見ておいた方が良さそうです。



■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

Followすると投稿の度に通知が届きます。
http://bit.ly/3s888QI

■Editor's Pick
https://bit.ly/3pkLCEl

■Blog
https://bit.ly/2VPAMJk

■Indicator
http://bit.ly/3lmWYFk

■Membership
https://bit.ly/3zvLkPG