koziii

ナスダック先物、20週EMAで天井をつけたか?

SKILLING:NASDAQ   US 100 CFD
ナス100先物は、月曜こそ下落するがそこで止まって、木曜まで上昇を続けた。
しかし、上位足の20週EMAを上抜けることができず、
金曜は反落を始めて、一目均衡表の転換線をやや下回るところで引け。

節目の12,000の上下を囲む紫色のボックス圏が上値の重くなるゾーンと見ていたが、
今週もボックス圏の下値が天井となったようだ。
一目均衡表の高い雲を駆け上がるためのパワーが必要だが、
パワー不足で上値が重い展開になりつつある。

金曜の下げが下落の始まりの場合は、フィボナッチのどのラインまで下げるか観測していきましょう。
10/6高値~フィボナッチ61.8%が軽めの下落で、反発するタイミングになりうるポイント。
そこを下抜けると50%、38.2%があるが、一目均衡表の基準線が間にあり、
本格下落は基準線でのテストに委ねられるかもしれない。

反発上昇する場合は、12,000を実体で上回っていく必要がある。
12,000を上抜けると、EMA200や黒線のレジスタンスラインでのテストが待ち構えている。
とくにレジスタンスラインは今年超えられなかった意識されているラインなので、
売り圧力が強い可能性がある。

長め期間設定のMACDはゴールデンクロス後、上昇を続けているが、
下降を始めるのかよく見ていきたい。