NASDAQ:NDX   ナスダック100指数
イベント
SQ アメリカ20日  製造景気指数19日 個人消費27日 FOMC2月1日

週足&月足 NASDAQ
週足 PIVOT✖ ichimoku✖ MACD✖ RSI✖
下降雲に突入できるかが、今後の動きの注目点となります
下降トレンド中 Line Pでレンジならトレンド転換する可能性があるが
FRB 上がればタカ派発言、下がればハト派発言で株価操作中なので要注意

大統領アノマリーの為 上目線傾向が続くかどうかです
2月のFOMC パウエル発言で大きく変わるので要注意

トレード
PIVOT Base Line P : Bull upside / Bear down
利確Line Bull R1→R2→R3→R4→R5 / Bear S1→S2→S3→S4→S5
R5を超えるS5を割ると再計算します
ichimoku cloud Base Line : Bull upside / Bear down
Predict PSR line (個別株) : Bull upside / Bear down
MACD 0 line : Bull upside / Bear down
RSI 50 line : Bull upside / Bear down


2週間足 上のチャートは、S&P500
パフォーマンス
左 全米 1.VYM 2.DJI 3.SPX
左 世界 1.トルコ 2.メキシコ 3.インド
右 全米 1.VOOV (金利低下:グロース強気 金利上昇:バリュー強気)
右 eMAXIS Neo 1.宇宙開発 2.遺伝子工学 3.クリーンテック


月足 S&P500
セントルイス連銀ストレス指数.0%以下に留まってるので金利は上げやすいです
バランスシート.上がると株価は上がりやすく、下がると株価は上がりにくい
TLT .何時も同じ動きはしないので参考程度ですが、金利が上がらないと予想すると買われます
ハイイールド債券.上に上がると不安定 企業の倒産確率高くなり株価下落
30年金利.下がれば株価は買われ上れば売られます
10年3ヵ月金利差.FRBの注視する値 数か月後にリセッションする確率が高い
10年2年金利差.市場が注視する値 数か月後にリセッションする確率が高い
CPI .インフレ率を下回ることが必要です
FF金利.FRBは、金利を上げるか、口先介入しかできません


月足 左 S&P500  右 VIX
PMI:UPMI.不景気感 下がれば株価は上がりにくく、上がれば株価は上がる
失業率.上がれば株価は上がりにくい
VIX .下降トレンド 想定外の事が起きない限り株価は下がりにくい


週足 左:USDJP 右:US10Y
USDJP 下降トレンド 上がっても日銀が利上げする可能性があるので下目線
US10Y 上昇トレンド 崩れ始めてるが、インフレ次第で変動する FRB次第


週足 SQQQ&TQQQ 左:BTCJP 右:NASDAQ
BTC&Nasdaq共に下落トレンド中、買いは、逆張りですので注意してください
SQQQ優勢中 TQQQ 0ライン以下 弱い


週足 左:BTCJP 右:BTCUSD
週足 PIVOT✖ ichimoku✖ MACD✖ RSI○
下降雲に突入できるかが、今後の動きの注目点となります
下降トレンド中 Line Pでレンジならトレンド転換する可能性がある
MA200以下は、株の投資家は離れるので上がりにくいです
週足ハッシュリボンはBUY待ちです
判断が難しいですが、一時的な点灯はあるので注意してください


2週足 左 グーグル 右 アマゾン
この様な感じで良ければ、一人一銘柄分析します コメント欄に書き込んでください
期限は、2023/1/19までとなります





免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。