masao_shindo

2021年相場はどうなる?

教育
TVC:NI225   日経225
(NI225)日経225 週足

サイクルから2021年相場を見てみようと思います。

2019年から2020年までの動きを見ると、30週前後の周期でボトム(安値)を付けているのが分かります。

勿論、この30週前後の周期がこの先もずっと続くということではありません。

ただ、現在から未来を予測するときには、直近の周期を参照して未来を予測していきます。

そうすると、2021年の6月前後が30週前後の周期となりますので、この前後にボトム(安値)を付けるという考え方ができます。

この一つの予測に対して、実際の価格がどうなるのかを見て予測を修正していきます。

どう修正するかというと、2020年3月から10月の周期が強気でしたので、現在の2020年10月からの周期も強気になる可能性が高いと予測しています。

ところが、もし2020年10月の安値を下回ってくるとこの周期は弱気に変わります。

安値を割らずに強気が継続すれば、2021年6月前後につけるボトムからの周期も強気になると考えられます。

このように、周期から相場が強気なのか、弱気なのかを理解するだけでも大きなヒントとなります。

皆さんも、取引銘柄がどういう周期があるのかを測ってみましょう。
長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/

コメント

大事な目安ですね大変参考になります。1月6日終値で見ますと日足では日柄調整様相ですが2万7千の攻防をで下抜ければ一段安も考えられます。マクロで見れば世界は危険な橋を渡っている最中だと思います。金余り(実は将来の借金)の重さに耐えられるか心配です。自転車操業を連想しますがチャートが強ければ乗って行くだけと割り切ってます。
返信
masao_shindo am41tkbb2560
@am41tkbb2560, さん

コメントありがとうございます。
ニュースを見て個人の相場観に拘ってはいけませんよね。
仰るようにチャートの動きに素直に対応するのが肝要ですね。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト