OSE:NK2251!   NIKKEI 225 INDEX FUTURES (CONTINUOUS: CURRENT CONTRACT IN FRONT)
(NK2251!)日経225先物 4時間足

相場は収束と拡散が入り交じっています。

収束時間が終われば拡散してトレンドが生まれます。
そして、トレンドが終わらなくてもトレンドの途中に一時的に収束して、そして、また、拡散していきます。

このような表現をした方が伝わり易い方と、却って難しく感じるという方もいると思います。

では、違う表現をしましょう。
相場はトレンド(拡散)と中間波動(収束)が複雑に入り交じっているということです。
そのことを理解するとチャート分析の理解が深まると思います。

トレンドと中間波動が小さい足で起きており、それが、纏まって大きな足でもフラクタル的に起きています。

フラクタルとは、月足の構造も時間足の構造も似ているということです。
つまり、月足もトレンドと中間波動があり、時間足もトレンドと中間波動があるということですね。

チャートを見て、現在が収束しているのか、拡散してきているのかを理解することでチャートの見方が変わってきますよ!
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

収束と拡散をもう少し詳しく説明いただけませんか?よろしくお願いいたします。
返信
@aki1228, さん

コメントありがとうございます。
収束と拡散についてはまた記事を書かせていただきますね。
リクエストありがとうございました。
返信
最近の225が複雑で、日足ではなかなか方向感が定まらなくて、時間足を確認した上で更に短い15分足に切り替えてディトレ―しております。
上の4時間足では、4月6日から上昇トレンドへ転換しているが、上にある節目や抵抗ラインが多くて、安心して買い継続できなくて、待っているうちにどんどん上昇していきまして、
うん、難しいです。
返信
masao_shindo Queserasera
@Queserasera, さん

今のような相場の時は、短い足でトレードするほうが対応し易いですよね。
ただ、時々足種をかえながらどの足が今の相場になっているかを見ていきましょう。
基準は移動平均線大循環分析が上手く機能している足種に合わせることです。
頑張っていきましょう。
返信
Queserasera masao_shindo
@masao_shindo, さん

いつもの足でうまくいかない時に、どの足種ならマーケットが気にしているかを探していて、それをみるようにしています。
あくまで感でやったもので、神藤さんのお墨付きがあれば安心します。

いつも適切なアドバイスありがとうございます。
頑張ります。
返信
masao_shindo Queserasera
@Queserasera, さん

こちらこそ有難うございます。
@Queserasera, さんのコメントが記事作成の励みになっています。
返信
いつも分かり易い解説、有難うございます。
返信
@k-mak, さん

いつも励みになるコメントありがとうございます。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト