masao_shindo

トレンド相場か中間波動か  ~一目均衡表からヒントを探す~

教育
OSE:NK2251!   NIKKEI 225 FUTURES
日経225先物 日足チャート

相場はトレンドがある相場とトレンドが無い相場(中間波動)が混在しています。
振り返ると大きなトレンドがあったのに、それを丸ごと取りきることは難しいといったことがあります。

日経225も昨年の秋までは上昇トレンドがありましたが、現在は中間波動の動きとなっています。
トレンドの基本をおさらいしましょう。
上昇トレンドであれば、高値が右肩上がり、安値も右肩上がりとなります。
下降トレンドであれば、その逆ですね。

そのトレンドが破綻すると中間波動となります。
ただし、中間波動はトレンド継続のパターンとなります。
故に、トレンド相場が破綻した時に、トレンド転換かトレンド継続かを見極めていかなければいけません。
そして、中間波動の可能性を感じたら、トレードを控えるか、手法を変えるかをしなければいけません。
今回は手法ではなく、トレンド相場かトレンドの無い相場を見分けるヒントとして一目均衡表を掲示しました。

一目均衡表の先行スパン1と先行スパン2の間のところが抵抗帯となり、一般的には「雲」と言われています。
その雲と価格の関係をみることで、トレンド相場かトレンドが無い相場かを見分けることができます。
トレンドに勢いがある時は価格と雲に距離があり間隔が広がっていきます。
ところが、トレンドが無い相場になると価格と雲が入り交ざります。
現在の日経225先物も価格が雲を上下に推移しているのが分かります。
この状態がトレンドが無い相場となります。

これが理解できれば、ここでの難しく値幅が小さい局面でのトレードを減らすことや手法を変えることで対応ができるのです。
トレンド相場の時は移動平均線大循環分析で確りとトレンドを獲りましょう。
トレンドが無い相場をいち早く探し出して、無理・ムラ・無駄のあるトレードを減らしましょう。

一目均衡表でトレンドが無いと分かれば、上値抵抗線・下値支持線といったトレンドラインを引きましょう。
そして、チャネルラインを確認しましょう。水平線を引くところがあれば引いていきましょう。
そのブレイクを待って次の手を考えていきましょう。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。