masao_shindo

このチャートを見て「なるほど!!」と感じますか?

教育
OSE:NK2251!   NIKKEI 225 FUTURES
日経225先物  日足チャート

トレンドライン・水平線と沢山引きました。
普段の投稿の時はここまでラインを入れませんが、慣れていない方にとっては何を表しているかさっぱりわからないかもしれません。
「なるほど!!」と感じる方もいらっしゃれば、「なんじゃこりゃ!!」という方もいらっしゃると思います。

トレンドラインや水平線をその都度入れていくと、このようにゴチャゴチャしている場合は、トレンド相場ではなく中間波動(調整局面)となっていることを表しています。
トレンド相場であれば、もっとシンプルなラインしか入りません。
中間波動の場合は、このようなゴチャゴチャした動きとなります。

では、この沢山引いたトレンドラインを紐解いていきますね。

青色の右肩下がりの高値からのラインが、8月までのトレンドライン(上値抵抗線)でした。
そのラインを9月に上抜けました。
そこから10月に向けて反落し、赤色のトレンドラインを引きました。
次に、少し反落しましたが、青色のトレンドラインが抵抗線(レジスタンスライン)でしたが支持線(サポートライン)になって切り返しました。①のところです。
そして、今度は赤色の抵抗線を上抜けました。②のところです。

①から②のところは小さな変化の兆しです。
こうなると、下値支持線からのチャネルラインを入れると、②で上抜けましたが、まだ抵抗線があることが分かります。③のところです。

このチャートを見て、よく分からない方もご安心ください。
トレンド相場は、もっとシンプルなチャートなのでこういった局面になっているときはトレードを控えましょう。
トレンド相場だけを狙うようにします。

この動きを理解できる方はトレード時間を短くしたり、使うオシレータを変えたりしていると思います。

注目ポイントは、このゴチャゴチャした相場(中間波動)もいずれ終わりを迎えるということです。
大事なことはその中間波動が終わりトレンド相場に移行するところをしっかりと狙うということですね。

このラインが意味していることは、現在中間波動であり、
もしかしたら、中間波動が終わるかもしれないという兆しが出てきたということです。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。