masao_shindo

トレンドラインとチャネルライン、ダウ理論から現状を分析する

教育
OSE:NK2251!   NIKKEI 225 INDEX FUTURES
日経225先物  週足チャート

日経225の動きをみると、今年はパッとしない動きが続いていますね。

相場はトレンド相場とトレンドが無い相場の二つです。
2016年から上昇トレンドが続ていました。
ダウ理論での高値と安値が共に切り上がる動きだったからですね。
そして、昨年の秋から価格が反落し上昇トレンドが破綻しました。
そこから、下降トレンドに移行するには、高値と安値が共に切り下がる必要がりましたが、そうはなりませんでした。
つまり、トレンド相場からトレンドの無い相場になったのです。

その後の価格推移を見ていきましょう。
高値が切り下がり、安値も切り上がる収束の動きになっていました。

ところが、10月に入ってからその動きに変化が出てきました。
切り下がっていた高値が切り上がってきたのです。

この変化にいち早く察知することが大事ですね。
小さな上昇トレンドが始まりました。
高値と安値が共に切り上がってきました。

そのときに次に意識されやすい価格を確認するために、チャネルラインと水平線と引きます。
水平線のところ、現状の水準も意識されやすいということですね。
もし仮に上抜ければ、チャネルラインの上限も意識されやすいでしょう。

相場が上がるか下がるかはわかりません。
そこを考える必要はありません。
動きに変化が出てくるところをしっかりと見ていくだけです。
そして、その時に動きだしたほうに仕掛けていくのです。

例えば日経225であれば、まず9月に小さな小さな変化が出てきました。
そして、10月にも小さな変化が出てきました。
この積み重ねが大きな相場の変化に繋がっていくのです。

続かないときはどうするか?
そのときは、小さな変化で終わるので、ポジションを閉じればよいのです。

相場の流れに素直についていきましょう。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。