masao_shindo
教育

トレンドラインとチャネルライン、ダウ理論から現状を分析する

OSE:NK2251!   NIKKEI 225 INDEX FUTURES (CONTINUOUS: CURRENT CONTRACT IN FRONT)
日経225先物  週足チャート

日経225の動きをみると、今年はパッとしない動きが続いていますね。

相場はトレンド相場とトレンドが無い相場の二つです。
2016年から上昇トレンドが続ていました。
ダウ理論での高値と安値が共に切り上がる動きだったからですね。
そして、昨年の秋から価格が反落し上昇トレンドが破綻しました。
そこから、下降トレンドに移行するには、高値と安値が共に切り下がる必要がりましたが、そうはなりませんでした。
つまり、トレンド相場からトレンドの無い相場になったのです。

その後の価格推移を見ていきましょう。
高値が切り下がり、安値も切り上がる収束の動きになっていました。

ところが、10月に入ってからその動きに変化が出てきました。
切り下がっていた高値が切り上がってきたのです。

この変化にいち早く察知することが大事ですね。
小さな上昇トレンドが始まりました。
高値と安値が共に切り上がってきました。

そのときに次に意識されやすい価格を確認するために、チャネルラインと水平線と引きます。
水平線のところ、現状の水準も意識されやすいということですね。
もし仮に上抜ければ、チャネルラインの上限も意識されやすいでしょう。

相場が上がるか下がるかはわかりません。
そこを考える必要はありません。
動きに変化が出てくるところをしっかりと見ていくだけです。
そして、その時に動きだしたほうに仕掛けていくのです。

例えば日経225であれば、まず9月に小さな小さな変化が出てきました。
そして、10月にも小さな変化が出てきました。
この積み重ねが大きな相場の変化に繋がっていくのです。

続かないときはどうするか?
そのときは、小さな変化で終わるので、ポジションを閉じればよいのです。

相場の流れに素直についていきましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
わかりやすい説明していただきありがとうございます!!
返信
@maaaaasa, さん

いつもコメントありがとうございます。
その言葉がエネルギーになっています。
今後とも宜しくお願い致します。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト