masao_shindo
教育

相場の展開と投資家心理の推移 ~CFTCの動向を考察~

CME_MINI:NQ1!   ナスダック100ミニ先物(当限つなぎ足)
ナスダック 週足

CFTC(Commodity Futures Trading Commission)とは、米商品先物取引委員会という政府機関が
毎週火曜日段階のファンドや商業筋などのポジション状況をその週の金曜日に発表しています。

この内容を見てトレードすることはありませんが、投資家心理をみるうえで参考になることもあります。

このチャートの下に掲載しているのはファンドのポジションの推移となっています。
2017年の5月のところも、価格が史上最高値でしたので高すぎると感じると売りが増加します。
ところが、途中で売り方が苦しくなり、買わざるを得なくなっている動きが見えますね。

さて、今回も昨年の秋からの動きで天井を打ったと感じた筋が売ってきているというのが分かりますね。
ところが、価格が切りかえしておりますが、ファンドの売りポジションが増加しています。

投資家心理として、下がると思って売った銘柄が上昇すると、相場観が曲がったと感じる人は直ぐに損切ります。
ところが、自分の相場観は正しいと思うと、損切りが出来なくなります。また、天井を打ったと思っていた方で
最初の下落に参加できなかった方はチャンス到来と感じて売りが増加します。

我々は移動平均線大循環分析を見ていますので、売るところではないと理解していますが、
ローソク足だけでチャートを見てください。
価格が高いから売りにチャンスがあると感じるはずです。

「値ごろ感」というものです。

値ごろ感は絶対に捨てましょう。持たないようにしましょう。

CFTCの推移をみることで、そういった投資家心理の動きが見て取れますね。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
これは分かりやすいですね!!
勉強になりました。
返信
@kattsu, さん

こんちには。
コメントありがとうございます。
毎週、データを取ってエクセルに入力する必要がなくなりました。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト