momomonga

22年リセッションは起きるのか考察してみた

ロング
NYダウやS&P500が史上最高値を更新し、米国株式市場は引続き絶好調な今、リセッション(景気後退)が起きるタイミングについて考察してみました。

<まとめ>
・過去のリセッションと金利の逆転現象には相関関係がありそう
・現在の金利上昇スピードから4~5月頃に金利の逆転現象が発生し、その後リセッションが発生すると予測
・リセッションが発生すると株価は-30~50%は下落する
・対策としてはチャートを注視しながら現金比率を高めるなど買い挑むタイミングや銘柄を分析しておくこと

<チャートの説明>
・水色・・・US02Y/US10Y(米2年債金利÷米10年債金利)
・赤色・・・VIX指数(恐怖指数)
・黄色・・・DJI(NYダウ)
・緑色・・・NDX(NASDAQ100)
・赤水平線・・・VIXの値が40のところで線を引きました。
・青色・・・過去のリセッション時期

<過去のリセッション>
 期間          下落率
・3/24/2000~10/9/2002  -49% ITバブル崩壊
・10/9/2007~3/9/2009   -57% リーマンショック
・2/19/2020~3/23/2020  -34% コロナショック

<考察>
リセッションが起きる時には、短期金利と長期金利の逆転現象が起きるということなので、水色のチャートを引き、過去のリセッション時期と重ねてみました。
…確かに何だかそれっぽい感じです。どうも水色が1%ラインに達すると金利が下がり始め、リセッションが発生するのではないかという風に見えます。
既に2019年にその兆候が見られていましたが、コロナショックの発生でそれが早まりガス抜きされたようです。

今後、いつ頃逆転現象が起きるかですが、2021/9/22 FOMC会合でテーパリングが発表されてから、短期金利は急激に上昇しています。
10年物国債金利も上昇しているのですぐに逆転しそうにはありませんが、今後利上げが3月にも行われ、年内に3~4回利上げが予定されています。
米国のインフレは11月に6.8%と待ったなしの状況なので、恐らく利上げは予定通り行われるでしょう。
9月から0.36%の速度で上昇していますので、4.5か月後の4~5月には金利の逆転現象が発生しそうです。
その直後の5月~数か月以内に金利が下がり始め、そこから一気に株価が暴落してリセッション入りすると予測します。

対策ですが、過去のリセッション後、経済は数年かけてゆっくりと回復していきますので、暴落時に備えて現金比率を高めておいて、積極的に買い挑んでいきたいと思います。
それまでは水色のチャートは定期的にチェックして、イメージトレーニングをしながら、エネルギー株と航空・旅行株で儲けていきます!

以上です!
素人の妄想ですので突っ込みはお手柔らかにお願いします!

# 投資は自己判断・自己責任でお願いします。