re1

米国債とVIX【恐怖指数】の関係

TVC:US30   米国債30年
コロナショックによる一旦の底をついた際の国債日足チャート(上段)と恐怖指数のVIX(下段)の関係。
一般的に国債はリスクオフ相場(投資家達の不安が強く、リスクを取らない相場)では買われやすいです。
なぜか?
会社の株などは、倒産すればその価値を失います。
急激な経済状況の悪化により、より安全なものに資産を逃したいため国債に
資金が集まりやすくなります。
会社が破綻しても、アメリカが破綻するとまでは思いませんよね?
そういう事です。

一方、VIX指数は通称【恐怖指数】と呼ばれ、投資家達の心理を映し出す
と言われています。
このVIXが上昇すればするほど、相場のボラティリティーが高くなります。
要は、みんな不安なのでちょっとした事で値が上下に飛びやすいという事です。

よって、VIXが上昇している時は国債が買われやすいという、相関関係にありますが
その恐怖が極限状態までいくと、国債を含めたあらゆる資産を売ってキャッシュを確保しようとします。
そうなった時、VIXが急上昇しているにも関わらず国債は暴落しているのがチャートから読み取れます。

逆に言うと底が近いシグナルとして考えても良いかもしれません。
コロナの終息が見えない中、緊急的な経済政策によって大きくリバウンドしている
現在の相場ですが、果たして二番底、三番底はいつどのように形成されるでしょうか。
その時はまた、同じく国債さえ投げ売りされる事はあるのか。注目しています。