strain
ショート

大暴落が起きた、ニューヨークダウの4時間足チャートを現状分析

FX:US30   ダウ平均株価
大暴落が起きた直後から、
短期の移動平均線やローソク足が移動平均線の帯(色が塗ってあるところ)から
勢いをつけて離れて行っている様子が見られます。


つまり、逆Cカーブでの急激な減少トレンドと考えることができます。
逆Cカーブでの減少の後は、反発してある程度上昇してくることが
多いといわれていますが、今回は反発による上昇があまり大きくないですね。


移動平均線の帯(色が塗ってあるところ)と短期の移動平均線やローソク足の間が
狭まって、お互いの距離が短くなってきたら
逆Cカーブでの減少の影響が少しずつ小さくなっていく可能性もあります。


MACDを見てみると、急激な逆Cカーブの減少が落ち着いてきたころから、
少しずつ右肩上がりに上昇している様子が分かります。
なので、下降の勢いが弱まってきて、
ゆっくりとした、落ち着いた減少の形に変化したと考えることができます。


ストキャスティクスを見ると、低い値を維持していることから、
買いの圧力と売りの圧力を比較すると、売りの方が強いと言えそうです。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト