masao_shindo
教育

こういったチャートが気になります!

FX:USDCHF   米ドル/スイスフラン
(USDCHF) 米ドル/スイスフラン 240分足

個人的にはこういったチャートが大好きです。

チャート上に浮かび上がるトライアングル。

波動としては、もう一段の下落があるかもと感じるチャートですが、
一先ず意識していたトレンドラインを上抜けてきました。

こういった場合は、上抜けたところに補助線を入れます。
そして、最初のトレンドラインが上値抵抗線から下値支持線にかわるかどうかを見ます。

確りと上抜けてくれば流れが変わります。
最初のトレンドラインを割ってくれば下落が続きやすくなります。

このように考えていれば、トレードするときに、
この場合だと仕掛けた後に上手くいきやすいパターン、いき難いパターンということを理解できます。
そうすると、逆に動いたときにの対応が早くなりますね。

トレンドラインを引いてから派生するパターンを
少しでも上下に更新したから流れが変わったと判断するのではなく、流れが変わったかもしれないというくらいの対応が必要ですね。

でも、チャートってラインを引いていると、様々な形状を表示してくるので面白いですよね。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

補助線の引き方と考え方がわかりやすかったです。
いつもありがとうございます。
返信
@k-mak, さん

こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。
励みになっています。
これからも宜しくお願い致します。
返信
トレンドライン、そして補助線の引き方
視点の移し方
ご教示ありがとうございます!(^^)
返信
masao_shindo usagidomburi
@usagidomburi, さん

コメントありがとうございます。
トレンドラインや補助線をどんどん引いていきましょう。
宜しくお願い致します。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト