OANDA

ドル円は上昇基調継続か

OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY
昨日のドル円は時間足チャートでトレンドライン割れとなり、下値を探る動きが強まったが、その後は底堅さを見せ、反発に転じる動きとなった。
反発に転じる直前に時間足チャートで安値を更新したものの、RSIは切り上げるような動きとなっており、下落の勢いが弱まっているのを確認したところでは反発に警戒する必要があったかもしれない。
本日は引き続き底堅さを見せる可能性の方が高いように思えるが、直近では上値詰まり感が出てきているため、上昇基調が継続するにしても、レジスタンスとなっていた113.20や113.00付近まで下押す可能性は考えられそうである。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。