IGNICA

20210531-0604 USD/JPY シナリオ Review

OANDA:USDJPY   米ドル/円
一週間の値動きを振り返ることで次回以降のトレードに活かせればと考えています
まず,先週までの環境としては週足レベルでは上昇トレンド継続中の中,日足レベルでも安値を切り上げ,直近高値をわずかにですが抜けることによって上昇トレンド継続を確定させたポイントからのスタートとなっていました
そのような中,4Hレベルでもネックラインを抜けることで一段の上昇に繋がったポイントからのスタートとなりました
一つ見ていた局面としては一度レートが戻してきて押しを作ってくる中,再度安値を切り上げてくるポイントにおいて明確に反転してくるようであれば買っていきたいと考えていました
もう少し細かいところを1Hレベルで見ていくと週明け4Hレベルの上昇に対する戻しを形成してきている中,安値は二度三度サポートされ,水色の領域は4Hレベルでは4HSMAが上昇から勢いを無くし,逆に迎えに来ており,買い方と売り方双方の思惑が交錯するエリアとなっています
そのため,私はこういったところを一段上抜けてから買っていきたいと考えていました
しかし,実際の値動きとしては明確な反転を見せることなくそのまま切り返してきたため私はこのようなところからエントリーをすることはできませんでした
こういったところで明確に反転してきているようであれば直近安値直下にLCを設定し,1Hレベルで高値を切り下げるポイントにおいて決済という形になったのかと考えています
次のような見方から買いを検討するのであればあくまで4Hレベルのトレードとなってしまい,損切幅も広くなります
週足日足レベルで見ると高値圏であるため,実際の値動きのように切り替えしてくるリスクが高く,このようなポイントからエントリーすることは難しいと考えています