pandoraboxHRC

01/08週羽黒法2号か3号線

OANDA:USDJPY   米ドル/円
【2号線】 大陽線(陽線実体の中心=中心線)

・長期上昇の後の出現の場合、次週の高寄り場面で売り出動。

・底値鍛錬期で比較的短い線が出現した場合は上昇の兆しと見て買い場探し。

次週に大きく下放れた場合、売りの急所。

2週連続で本線が出現した場合、上昇力が強くなるとみて買い増し。



【3号線】 下影陽線(中心線が陽線実体の下位)

・次週の始値が中心線付近の場合は買いも小幅高程度。

・次週の始値が中心線より高い場合は売り出動。

始値がマネーパートナーズとオアンダでは違い、2つの解釈が出ました。

どちらにせよ売り目線です。
来週の始値からの試し売り。
上げた場合、113.2からの売り。
112.6からの追撃売り。
利確ポイントは112.3
112.3紫色の上下チャンネル分岐点となるのでこの地点で次の展開を考えたい。

113.3を上抜けする場合は113.9がポイントかなと考えます。