Magellan_EXP

8月のレンジのブレイクで楽々利益に?!?!超シンプルなチャートで考えるー番外編【ドル/円】月足

OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY

既出かもしれないと思ったのですが、検索してもどなたも書いておられないようなので、投稿してみます。

ずーと前、どこかで、

「ドル円は

8月のお盆期間のレンジが重要、

なぜならば、その後、

そのレンジを抜けた方向に動いていく傾向があるから」

という話を読んだか聞いたことがあります。

それで検証しようと思ったのですが、
お盆期間のレンジを検証するの大変なので、少し範囲を広げて「8月のレンジ」について調べてみました。

月足チャートで2002年までさかのぼれました。

 赤い水平ラインは、9月以降に8月の高値を上抜けた場合
 青い水平ラインは、9月以降に8月の安値を下抜けた場合

を、翌年7月まで伸ばしてあります。

検証の結果、なんとなんと!

再度レンジに戻ってきてしまった場合や、あまり動かなかった年もありますが、
確かに、

8月レンジをどちらかに抜けたら、抜けた方向にポジションをとっていくだけで、

簡単に!楽々!と、
かなりの利益になっていた年が多かったとわかります!


今年の8月のレンジの範囲がどう確定するのか?
そして9月以降の動きにも、このアノマリーが当てはまるのか?

注目したいと思います。
6月6日 オンラインセミナー開催いたします。
https://www.eagle-fly.com/fp/efm200606/
暴落相場からの反発局面を利益にしていくためのトレード方法、エンタープライズ®−4初公開です!
FX、CFD(株、商品)、ビットコイン 全てのトレードで活用できます。
また、日足、4時間、1時間、30分、10分、5分などの、トレード時間枠で使うことができます。

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト