EWA-tokyo
ロング

USDJPY 波動分析 (7/20)

OANDA:USDJPY   米ドル/円
706 views
11
706 0
今週も終わりましたね。
クロス円は相変わらず弱い状態です。

久しぶりにドル円の現在位置をおさらいしましょう。
月足(メインシナリオ)

月足での現在位置は、
青線で示すB波の副次波E波(オレンジ)にあると想定しています。
多くのトレーダは、年末年始のフラッシュクラッシュで
B波と副次波E波が完成したと考えていますが、
年始以降の波動の動きは、調整に見えます。
結論を出すのは早いですが、
しばらく波動の観察が必要ですね。

週足(メインシナリオ)

階層を一つ落として見ましょう。
オレンジで示す波動は、トライアングルでA-B-C-Dと綺麗に展開。
E波は上下動しており、黄緑で示すトライアングルを展開中と予想。

現在位置は、オレンジで示すA波およびC波終点を結ぶ線(赤)の
レジスタンスを突破しており、
下抜けたと考えるトレーダーが少なからず居るでしょう。
但し、トライアングルと考えるならば、
一つ前の波動は5波構成の強いインパルスですから、
このまま下抜けていく展開は考え難いですね。

日足(メインシナリオ)

更に一つ階層を落として、黄緑で示す波動を見てみましょう。
黄緑で示す波動の副次波を黒線で示しています。
トライアングルであれば副次波は、3-3-3-3-3構成ですね。
私の予想カウントは、現時点で全て3構成です。

但し、直近の下落を5波でカウントするトレーダが多くいます。
自分の想定に固執するのは危険ですから、
他のトレーダの考えも想定に入れておくことが大切です。

直近の下落を5波動でカウントした場合の波動は以下です。
日足(サブシナリオ)

現時点のサブシナリオのカウントでもありますが、
可能性は低いかなと考えています。
その理由は次のチャートで示します。

4h足(メインシナリオ)

4時間足で、直近の波動を見てみましょう。
現在は、黄緑で示すD波の副次波C波に移行して
今週を終えたと考えています。
D波の副次波が黒線、更に副次波が青線です。

サブシナリオでは、次は(3)波ですから、
5波構成の推進波を展開するはずです。

しかしながら、青線で示す様に3波構成です。
C波(黄緑)完成後の黒線で示す上昇トレンドは、
どう見ても5波動でカウントできません。

来週以降、5波構成のC波を展開し、
黄緑のD波が3-3-5の拡大フラットを展開すると予想しています。
チャート上の青線はイメージですから当てにしてはいけません。

本シナリオが正しければ、
D波は110.8 (110.3-111.2)がターゲットでしょうか?
楽しみですね。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト