foxxrexx_

【ドル円】三角保ち合いブレイクからの押し目待ち

ロング
OANDA:USDJPY   米ドル/円
【前提】
前提として上昇トレンドの中にいると仮定します。
今年4月安値を起点とした上昇のトレンドライン (青線) が効いており、6月以降は20日移動平均線とも重なり強力なサポートになっています。
ここを明確に下に抜けないと1月の今年最安値から始まった上昇トレンドは継続していると判断します。


【シナリオ (1)】
チャートにある (1) の動きです。
雇用統計後からの下落は5日移動平均線 (紫線) にサポートされて止まり、ぐずついた動きの後に上昇するパターン。


【シナリオ (2)】
チャートにある (2) の動きです。
もう少し下落し、今年1月と4月の安値を結んだライン (オレンジ線)、110.80あたりでサポートされ、その後に上昇するパターン。


【シナリオ (3)】
チャートにある (3) の動きです。
さらに下落し、上昇トレンドライン (青線) の下限と20日移動平均線 (赤線)、110.40あたりでサポートされ、その後に上昇するパターン。


【見立て】
シナリオ (2) の動きとなると予想します。
金利 (米国債10年利回り・2年利回り) が下がり気味になっており、また、米国株価三指数も調子が良いため、リスクオンのドル売りで少し下落するのではないかと思います。
とはいえ、そこまでは下落はせず、いつものドルと円が同方向に動いて動意が出ない状態も挟んで、結局は112円へ向かうのではないかと考えます。


【ポジション】
110.80〜90あたりでロングを入れていこうと思います。ターゲットは112円手前。
20日移動平均線までは買い下がり、そこが抜けた場合戻りで損切りをします。


以上
トレード中: シナリオ (2) は否定され、シナリオ (3) もしくはサポート割れのどちらかになります。

20日移動平均線はまだ明確に抜けていなく、トレンドラインに綺麗にサポートされている状態です。

上記の通り、110.45あたりで再度ロングを入れました。損切りは20日移動平均線の少し下になりますが、トレンドラインを明確に割った段階になります。
トレード終了:ストップロスに到達: 強い円買い圧力でトレンドラインを割りましたね。

110.80あたりで持ったロングポジションは、110.45あたりのロングに利益が出た際に念のため相殺しておいたのが結果的によかったです。

残しておいた110.45あたりのロングポジションはトレンドラインを割った際に損切り、強い動意を感じたので戻りを待たずに切りました。
その後のドテンと底からの反発で損切り分をカバーし、結果微益となりました。