mikan-ya-EURUSD

ドル円:これを下落一服と考えるか、上昇の序章と考えるか…

FX:USDJPY   米ドル/円

ドル円

 単なる下落の一服なのか、少し調整の入るところなのか見極めが難しそうな状況に思いました。

 日足を見ると、金曜日と昨日の2回、日足-2σを下攻めに失敗し下ヒゲとなってはね返されてしまい、今日の現時点の日足は下攻めをあきらめたかのような陽線をつけています。これが上昇への勢いの始まりなのか、単なる下落の小休止で再び下落を開始するのかは、自分にはまだわかりません。
 上昇への勢いが増す可能性があるポイントが、109.6円だと思っています。これは日足-1σ(現在109.54円)です。15日に一度、日足-1σを上抜け上昇に勢いがついたと見せかけ、111円の水平線ではね返されていることから、ラリーをしているような信頼性のあるラインとまでは言い切れません。しかし、もう一度日足-1σを上抜けると、下落一辺倒からレンジ(ヨコヨコ)になるのでは?とも思います。自分は日足-2σは一度も下抜けしたことがないのに対し、15日に一度上抜けていることから、壁の厚さとしては日足-1σの方が薄いような気がします。なので今のところという期間限定ですが、108円割れを目指すよりも、111円の水平線を目指すイメージの方が自分は強いと思っています。
 上昇の可能性に自信を持たせるには、今日もしくは明日くらいに5日平均線および日足-1σである109.6円を実体で上抜ける必要があると思います。

 4時間足を見ると、バンドの形は収縮しているように見えますが、もともとバンド自体がヨコヨコの形をしていたので、この収縮はあまり意味をなさないのでは?と思っています。なので、ポイントとしてのラインを挙げるのは難しいと思いました。

 エントリーポイントとしてまとめると、日足の実体が109.6円を上抜けて引けた朝にロングで入り、その日の動きを様子見たいと思います。
 自分が何度も意識していると言っている108円割れをすればロングは危険と思いますので、すべてぶん投げます。
 そのまま上昇するようでしたら、111円の水平線を目指すと思っていますので、110円後半を利確目標に考えています。


ドル円のポイント
・日足-2σを2日連続下攻め失敗
・現時点の日足陽線は下落小休止か上昇の開始かはまだわからない
・109.6円を日足実体で上抜けるならば、111円も視野
・109.6円を朝の時点で上抜けていればロングで…
・4時間足のバンドの形はあてにならなさそう
・108円割れならロングは危険
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト