Nekko

【USDJPY|米ドル円】1時間足 シンプルにライン分析

ロング
OANDA:USDJPY   米ドル/円
今まではあまり触れてこなかった1時間足を見ていきます。

今回分析するのはドル円です。
日足レベルで見ると
2021年1月に安値をつけ、それから上昇を続けてきました。
2020年3月31日に高値をつけたあとは大きく下落し、徐々に上へ戻している局面と言えます。

それを踏まえて1時間足をシンプルに見ていきたいと思います。

ライン分析
2021年6月7日頃からは
下の青ラインS1(109.190円)

上の青ラインR1(109.841円)
に挟まれた間を上下しながら動いています。

S1は2021年3月にレジスタンス(青丸)となっていたラインで
R1は2020年6月にレジスタンス(赤丸)となっていたラインです。

どちらも過去のレジスタンスラインではありますが
大きく高値を一度だけつけたR1がより意識されやすいと考えています。

また、S1,R1は直近の安値、高値として意識されています(青丸、赤丸)

かつ、
平行チャネルの中に比較的きれいに収まっています。
赤丸が高値切り上げしていることもあり、
R1(109.841円)は当面の間意識されてくるラインになりそうです。
意識は上方向なのでロングとします。

まとめ
日足レベルで大局的にみても
上昇局面ですし
1時間足でも上値を試す動きになるのではと考えています。
というとこで判断はロングとします。
ブログ
https://all-directions123.com/

(注)
銘柄、通貨ペアの推奨は行っていません。あくまでも投資は自己責任でお願いします。

コメント