FXStreet

米ドル / 円: 20週移動平均線付近で回復制限

FX:USDJPY   米ドル / 円
11 0 0

FXStreet - 米ドル / 円の昨晩の回復も、20-WMAの121.72付近で勢いを失い、日本の株式市場が安値で開始したことを受け、レートが再び後退し始めている。

米ドル / 円、50-WMA付近で反発

現在、米ドル / 円レートは、0.15%高の121.64、東京市場開始前につけた高値121.75から後退している。50-WMAの121.10付近で新たな買い手が入り、レートが上昇したが、121.75で底堅い抵抗にあい、再び121.60付近へと下落し、現在この水準で取引されている。

原油価格の下落からの世界株式市場での低迷により、日経が安値で始まり、市場にリスク回避の流れが入り、日本円が上昇し、コントロールを握った。

昨日水曜、米ドル全面安の中で、米ドル / 円は、1か月振り安値121.07を付けた。日本のファンダメンタルは好調で、米ドルに対する円の上昇基調を維持した。

三菱東京UFJ銀行のアナリストは、「今週の経済データは、安倍内閣の規制緩和を歓迎し、日銀も日本経済に対する楽観的な見通しを維持するであろう。投機筋は、日本政府のちらつかせた、財政活性化政策で、日銀が早ければ2016年第1四半期にも、追加緩和を決定する可能性を考慮し、一方で、第3四半期GDPの上方修正と機械受注の上昇によって、日銀が現在のスタンスを維持するかもしれないとも考えている。」と解説した。


米ドル / 円の注目水準

レートは、下落しており、直近サポート水準は、122.24 (100-DMA) 、さらに121.10/07 (50-WMA/ 12月9日安値)にもある。上昇サイドの直近レジスタンス水準は、100時間移動平均線と200時間移動平均線の交差する121.89にある。この水準を割り込むと、122.11 (20時間移動平均線)へと続落する可能性もある。
日本
United States
United Kingdom
India
Deutschland
España
France
Việt Nam
Italia
Polska
Brasil
Россия
Türkiye
Indonesia
Malaysia
한국
简体
繁體
ホーム 株式銘柄スクリーナー FXシグナル検索 Cryptocurrency Signal Finder 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートAPIライブラリ 優先サポート フィーチャーリクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ヘルプ & Wiki ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 優先サポート 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト