mikan-ya-EURUSD

ドル円:4時間足下値切り下げも、少し反発の可能性も考えられるのでして…

FX:USDJPY   米ドル/円
129 views
5
129 0
*週足・日足・4時間足を更新しました。月足を見ると、+1σではね返されているようにも見えます。月足レベルで反転下落し-1σを目指す可能性を考えないといけないのかもしれないと思いました、

~ドル円月足~

22:44 2018/09/28記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコが継続しています。16年11月の米大統領選挙以来、月足+1σを上抜けることもなく、-1σを下抜けることもなく、狭い±1σの範囲によるレンジのようにも見えました。ただ、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線によって、月足+1σ付近に位置していることから、月足+1σをブレイクする可能性は十分考えられます。自分としては月足+2σを目指すイメージで考えています。

   チャネルラインを見ると、15年6月を起点としたピンクのチャネルで推移しているように考えていましたが、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線でピンクのチャネル上限ラインをしっかり上抜けています。ひょっとすると、チャネルブレイクして新たなチャネルを形成するのかもしれません。12年9月を起点とした緑のラインも考えていましたが、少しはっきりしないので引き直しの検討も含め、考え直す必要があるのかもしれません。このラインについては今後の動きを見ながら考えます。

   ヒゲが長くてはっきりしなかった月足レベルでしたが、少し流れが出てきたようにも考えられます。まだ18年9月の大陽線はダマシである可能性も否定できないので、ピンクのラインを再び下抜けるようであれば、目線の転換も含め考え直す必要がありますが、月足レベルを見ると、流れに逆らわないほうがいいのかもしれません。

・月足バンドはヨコヨコ
・月足±1σのラリー、+1σを上抜ける可能性も
・現在の目標は月足+2σ
・ピンクのチャネル上限ラインをブレイク、新たなチャネルに突入か?
・月足レベルで流れが出てきた可能性も
・9月月足陽線を否定されない限り、流れに逆らわないほうがいいかもしれない



~ドル円週足~

9:23 2018/10/27記載

   週足を見ると、バンドの形は上向きからヨコヨコに変わりつつあるように見えます。少し状況が変わったのかもしれません。10月15日週足で陽線が出たものの、先週(10月22日週足)はそれを全否定するような陰線が出て、+1σをしっかり下抜けているように見えます。+1σ~+2σのラリーの可能性は少し難しいように見えました。

   9月24日週足から10月8日週足で形成された「三川宵の明星」サインが点灯してから、上値が重そうな展開になっているようです。10月8日週足で9月24日週足の陽線を全否定したときに5週平均線を下抜けてから、5週平均線がレジスタンスとして機能しているように見えます。この5週平均線が上値のポイントなのかもしれません。

   基本的に売り目線で考えています。しかし、もし「三川宵の明星」サインが本当であるならば、この後しっかりした長めの陰線が必要と考えています。さらには、先週(10月22日週足)安値(111.37円)を実体で更新する必要があります。もし、できなければ先週安値が25週平均線ではね返されている可能性も否定できなくなります。そうなると、下目線一辺倒は危険なのかもしれません。

   チャネルで考えると、赤紫の下のラインと下から2番目のラインによる上昇チャネルで推移しているように見えます。そう考えると、チャネル下限であるラインが25週平均線のすぐ下に位置していることから、これまでの下落がいったん終了する可能性は否定できません。チャネル下限ライン付近で下落の勢いが弱まるようであれば、短期的なロングも検討する必要があると思います。

・週足バンドは上向きからヨコヨコへ
・三川宵の明星サイン点灯から上値が重い
・5週平均線がレジスタンスとして機能か
・基本的に売り目線
・週足レベルで売り目線になるなら来週は長めの陰線になる必要が
・チャネル下限ライン付近で下落の勢いが弱まるなら短期的なロングも検討する必要が



~ドル円日足~

10:02 2018/10/20記載

   日足を見ると、バンドの形はヨコヨコが続いているように見えますが、日足-2σラインが若干下向いているように見えます。バンドがヨコヨコ継続するのか、発散(もしくは下向き)になるのかは週明けの動きを確認す必要があります。もう少し様子を見る必要がありそうです。

   10月15日日足より反転し上昇したものの、22日日足ではね返されて下落しています。この22日日足高値(112.88円)が25日平均線ではね返されているように見えます。その後金曜日(26日日足)安値(111.37円)が-2σをタッチしてはね返されているようにも見えます。このことから、来週は25日平均線~-2σのラリーになるのでは?と考えています。

   3月26日日足より上値切り上げの上昇トレンドであったものの、10月4日高値(114.54円)→10月15日安値(111.62円)→10月22日高値(112.88円)→10月26日安値(111.37円)(暫定)と上値切り上げのトレンドが崩れてきているようにも見えます。まだ、9月7日安値(110.38円)や8月21日安値(109.77円)を更新していないことから、3月26日よりの上昇トレンドが完全に崩れたとはまだ考えるのは早いですが、可能性を意識しておいたほうがよさそうです。

   基本的には下目線で考えています。しかし、25日平均線~-2σのラリーのイメージから、-2σ付近に位置しているこの水準では突っ込んでショートするのは少し難しそうです。戻り売りから-1σで軽めのショート、25日平均線付近で本格的なショートを考えたいと思います。ただ、22日日足高値(112.88円)を更新するのであれば、拡大三角形の形を考慮するなど、考え直す必要があると思います。


・日足バンドはヨコヨコ
・-2σラインが若干下向き、ヨコヨコか発散かは週明けの動きを確認を
・25日平均線~-2σのラリーか?
・3月26日日足からの上値切り上げトレンドが崩れかけている
・基本的に下目線も、この水準で突っ込んだショートは難しそう
・-1σ付近で軽めのショート、25日平均線で本格的なショートを
・112.88円高値更新で考え直す必要が



~ドル円4時間足~

11:35 2018/10/27記載

   4時間足を見ると、バンドの形はヨコヨコから下向きに変わっています。短い期間で上下が激しい動きになっていますが、基本的には+1σ~-2σのラリーになっているように見えました。少し変わったラリーですが、規則的な動きになっているようにも見えました。26日2時足が+1σではね返されてから、-2σを実体で下抜けるほどの勢いのある下落ではありませんが、再び+1σまで上昇する勢いはなく、印象としては5本平均線もしくは-1σ~-2σのラリーに変わってしまったように思いました。

   15日18時足より下落トレンドから上昇トレンドに切り替わったようでしたが、22日22時足高値(112.88円)→23日22時足安値(111.95円)→24日18時足高値(112.74円)→25日6時足安値(111.82円)→26日2時足高値(112.67円)と派手さはありませんが、下値切り下げのトレンドが続いています。

   5本平均線もしくは-1σ~-2σのラリーのイメージから戻し売り目線で考えていますが、日足レベルでかなり下落して下値余地に疑問があり、4時間足レベルでは反発の可能性も否定できないことから、5本平均線もしくは-1σ付近で戻り売りをしたいと思いますが、4時間足実体で-1σを上抜けるようなら時間足レベルのロングをしたいとも思います。

   もし、+2σ付近まで上昇したとしても基本的に下目線で考えています。しかし、4時間足もしくは日足高値の位置関係は気にしています。上昇した場合、その付近の反応を見ながらその後を考えたいと思いました。

・4時間足バンドはヨコヨコから下向きへ
・+1σ~-2σのラリーから-1σ(もしくは5本平均線)~-2σのラリーへ
・派手さはないが、下値切り下げのトレンド
・5本平均線もしくは-1σ付近で戻り売り
・-1σを実体で上抜けるなら、反発の可能性を考慮して時間足レベルでロングも検討
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト