mikan-ya-EURUSD

ドル円:ショートにとって最後の砦か?

FX:USDJPY   米ドル/円
233 views
3
233 0


ドル円
20:36 2018/02/20


ドル円のポイント
・週足バンドが発散状態
・現在週足-2σ付近
・日足5MA~-2σのラリーは崩れ、今度は-1σ~-2σのラリーか?
・日足ピンクのラインではね返された??
・4時間足バンドが収縮→ヨコヨコか?


ドル円の予想とトレード
・週足-2σをしっかり上抜けるか否かが中長期的なカギ
・日足-1σ付近の反応が見たい
・4時間足±2σで逆張りのイメージで…
・107.2-4円付近でショートを
・撤退ポイントは107.5-6円


   週足を見ると、バンドは発散状態が継続しているように見えます。ただ、現在週足-2σ(現在107.18円)付近に位置しています。この-2σをしっかり上抜けるか否かが今後の中期的なカギとなるように思います。まだ上抜けきっていないので、一応下目線で考えています。とはいえ、下目線ギリギリといった感じでしょうか…



   日足を見ると、これまできれいな5日平均線~-2σのラリーが崩れています。とはいえ、バンドの5つのラインは再び下を向いていて、ひょっとしたら今度は-1σ~-2σのラリーになるように思います。日足-1σ(現在107.49円)での反応を見たいです。この-1σを上抜けるのであれば、ピンクのラインではね返された可能性も考えると、下目線は危険なのかもしれません。



   4時間足を見ると、バンドが収縮したように見えます。このままヨコヨコの動きになるように思います。そして、±2σ付近のラリーになるのかもしれません。なので、4時間足+2σ(現在107.31円)付近でショートをしたいと思います。ただ、この4時間足+2σをしっかり上抜けてバンドウォークするのであれば、日足-1σを上抜けてしまうかもしれないと考えています。そうなれば、中期的な下目線は完全に崩れてしまうように思います。107.2-4円付近が最後のショートポイントだと思いました。そして、撤退ポイントは107.5-6円で考えています。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト