mikan-ya-EURUSD
ショート

ドル円:さすがに…

FX:USDJPY   米ドル/円
142 views
0
142 0



ドル円
21:29 2018/05/23


ドル円の傾向
・先週の週足陽線を全否定する勢い
・日足5日平均線、+1σをしっかり下抜け
・4時間足下向きバンドウォーク状態
・現時点では4時間足-3σ付近に位置している



ドル円の対策
・週足レベルのピンクのラインではね返された可能性も…
・この水準で売るのは無謀か…
・4時間足5本平均線、-1σ付近で戻り売りしたい
・4時間足25本平均線を上抜けるなら下目線はいったん中止
・上目線になるのは慎重でいたい
・短期的なロングは今日はやめる




   週足を見ると、今日の急落で先週の週足の陽線(先週安値109.20円)を全否定する勢いです。ピンクのラインではね返された可能性もあり、ひょっとすると、中長期的なトレンドが転換する可能性があると思いました。




   日足を見ると、21日に+2σをタッチし、今日の日足で5日平均線(現在110.37円)、+1σ(110.15円)をすべてなぎ倒して下落しています。このまま日足が完成するのであれば、さすがに上目線にはなれません。中長期的には下目線で考えたいと思います。




   4時間足を見ると、長い陰線が2本続いて-2σ(現在110.15円)をしっかり下抜けたバンドウォーク状態です。この勢いはしばらく続くのかもしれません。とはいえ、現在は-3σも下抜けている状態で、明らかに短期的に売られすぎているように見えます。なので、この水準でショートするのは無謀のように見えます。いったん戻るのを待ちたいです。具体的には5本平均線(現在110.29円)付近と-1σ(現在110.49円)付近を考えています。ショートした都度、具体的に考えるつもりですが、25本平均線(現在110.83円)を上抜けるのであれば、少し上目線は中断するつもりです。ただ、これだけ勢いのある急落ですので、しばらく影響は残るのでは?と思いますので、中長期的な上目線に転換するのは慎重になりたいと思います。なお、短期的なロングはとても考えられないので、今日はやめておきます。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト