OANDA

ドル円は引き続き107.80-108.80付近のレンジに注目

OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY
昨日のドル円はFOMC後に下落したものの、引き続き107.80-108.80付近のレンジ内に収まる動きとなっており、本日もこのレンジを上下いずれに抜け出すかに注目したい。
このレンジで構築されたポジションが徐々に増えており、上下に振れる動きとなると、いずれかのポジションの損切りが増え、方向感が出てくることが想定されるため、忍耐強く見守りたい。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。