OANDA

ドル円は本日の雇用統計後の乱高下に要注意!?

OANDA:USDJPY   米ドル/円
 OANDA:USDJPY
昨日のドル円は107.00を割り込み、106.50付近まで下落するも、その後は買い戻しも入り、底の硬さも意識させられる動き。
下落基調は続いているものの、ISM景況指数、ADP雇用統計などの経済指標により強まった下落と考えると、買い戻しも早い段階で入ってくる可能性が考えられる。
また、本日は米国雇用統計の結果にも大きく左右されそうである。昨今ではインパクトが以前ほど強くないものの、冴えない結果となるとマーケットが過敏に反応する可能性があります。
雇用統計の発表が近づくにつれ様子見ムードが強まり、発表後に乱高下となることが想定されるため、保有中のポジションがある場合は十分に注意したい。

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト