OANDA

ドル円は引き続き、方向感を探りたい

OANDA:USDJPY   米ドル/円
日足チャートなどの少し長めなチャートを見ると、下げ止まり感が出ており、反発の可能性も考えられそうであるが、時間足チャートを見るとドル円は方向感の鈍い動きが続いており、まずは高値、安値を結んだラインや110.68-111.20のレンジ等をいずれに抜けていくかを見守りたい。均衡が崩れるような動きなり、方向感が出てきたところを攻めたいところである。
OANDA:USDJPY

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。