mikan-ya-EURUSD

ドル円:今は突っ込んでトレードするよりも一呼吸置いた方がよさそうに見えまして…

FX:USDJPY   米ドル/円
94 views
1
94 0


ドル円
21:34 2018/04/18


ドル円の傾向
・日足バンドは少し上向きのようなヨコヨコ
・日足+1σ付近で方向感を失っている
・4時間足バンドの形がさらに収縮してそう
・106.6~107.5円の狭いレンジか?
・大きく一方向に動く準備をしているよう…


ドル円の対策
・日足ではヒントはなさそう
・上目線になるには4時間足+2σ付近まで上昇か
・といっても、107.7-8円付近で一旦はね返されそうなので押し目買いで…
・下目線になるには106.6円を下抜けか
・NY時間で106.6円を下抜けて引けるなら追っかけてついていきたい



   日足バンドを見ると、少し上向きのようなヨコヨコです。そのバンドの高値圏の特に+1σ(現在107.16円)付近でマイマイしているような状況に見えます。日足自体ではあまり自信の持てるような方向感が見えません。



   4時間足を見ると、バンドの形がさらに収縮してきているように見えます。5日くらいから106.6円~107.5円付近の狭いレンジのように見えることから、大きく一方向に動く準備をしているように見えます。本格的にトレードをするのであれば、このレンジの抜けた方向についてった方がよさそうに思いました。

   上に走った場合、4時間足+2σ(現在107.61円)付近まで上昇すると、5・6日、11日高値を上抜けることから、上向きバンドウォークするように思います。とはいっても、日足+2σ(現在107.78円)が13日高値(107.78円)付近であることから、一旦はこの付近ではね返されるようも思います。なので、上向きバンドウォークしたとしても、一呼吸おいて押し目買いで考えたいと思います。

   下に走った場合、4時間足-2σを下抜けたとしても、10日NY安値(106.61円)、11日NY安値(106.65円)が大きな壁になると思いますので、下向きバンドウォークしたとしても、ついていくほどではないと思います。しかし、106.6円を下抜けたとすれば、日足バンドに下向きの余力があるように見えますので、NY時間で106.6円を下抜けて引けるのであれば、それについていきたいと思いました。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト