mikan-ya-EURUSD

ドル円:下向きだけど、あえて逆張りも・・・

ロング
FX:USDJPY   米ドル/円
85 views
2
~ドル円月足~

22:22 2018/08/16記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコでさらに収縮しているようにも見えます。16年11月の米大統領選挙以来、月足+1σ(現在113.77円)を上抜けることもなく、-1σ(現在106.81円)を下抜けることもなく、狭い±1σの範囲によるレンジのようにも見えました。この±1σのどちらかを月足実体で抜けるまでは、長くてもポジションは週足レベルで考えたほうがよさそうに思いました。

   チャネルラインを見ると、15年6月を起点としたピンクのチャネルで推移しているように見えました。そうであるならば、月足レベルでは下降トレンドが続いていると考えられます。ピンクのラインをしっかり上抜け、18年7月高値(113.17円)を更新するまでは、月足レベルの上目線は難しそうに見えます。もし、更新するのであれば、月足+1σの位置関係と合わせて判断したいと思います。ピンクのチャネルとは別に12年9月を起点とした緑のラインも気になるところです。このラインは16年に一度はね返されていますが、18年2月に下抜けています。その後は緑のラインに張り付いているようにも見えますが、上抜けることができていません。もし、このまま下に離れてしまうのであれば、緑のラインがサポレジ転換ラインとなり、とても重要なラインになる可能性があります。

   月足5月平均線(現在110.26円)や月足25月平均線(110.29円)を下抜けていません。とはいえ、17年1月以降、5月平均線や25月平均線ではりついているような相場といえ、あまり平均線は機能していないようにも見えます。現時点では110.2円付近がひとつの分岐点程度に考えたいと思います。

   月足レベルで大きなトレードのポイントになるところは、今のところわかりませんでした。月足レベルはどちらかというとブレイク待ちというところでしょうか。月足レベルでの方向感も大きく感じられませんので、ポジションを持ったとしても、週足以下レベルで考えたいと思います。


・月足±1σの範囲によるレンジ相場
・ピンクのチャネルより月足レベルは下降トレンドか
・月足5月平均線・25月平均線は参考程度
・月足レベルではトレードのポイントはわからず
・ポジション保有は週足レベル以下の長さで



~ドル円週足~

22:44 2018/08/16記載

   週足を見ると、バンドの形は上向きもしくはヨコヨコであまり方向感が見られません。18年3月26日週足で週足-2σを上に離れ、そのまま上昇するも、7月18日週足で週足+2σではね返されています。もし、バンドの形がヨコヨコであると考え、週足±2σのラリーというイメージが今のところ一番強いです。。バンドの形が上向きにも見えますが、そうなると、週足+1σ~+2σのラリーになって上昇する可能性が強くなります。しかし、現時点では週足+1σ(現在111.11円)を下抜けています。このまま111円をしっかり定着することなく週末を迎えるのであれば、この+1σ~+2σのラリーのイメージが難しくなります。ただ、25週平均線(現在109.07円)ではね返される可能性は否定できませんので、下目線で考えるのであれば、25週平均線は意識しておきたいと思います。

   チャネルラインで考えると、月足レベルであるピンクのチャネルが基本になると考えられます。また週足レベルで赤紫のチャネルで推移しているようにも見えましたが、18年2月12日週足で下にブレイクし、チャネルが崩れています。なので、このラインは信ぴょう性が乏しいのかもしれません。もし、このラインが生きているのであれば、ピンクのラインと赤紫のラインによる三角保合いも否定できないので、ピンクのラインを上向きブレイクしたときに、もう一度評価したいと思います。

   週足レベルでは下目線で考えたいと思いました。しかし、トレードのポイントになりそうなところは特に見つかりませんでした。週足が確定し、陰線で引けるのであれば、来週(8月20日週足)は5週平均線付近が戻り売りのポイントとして興味深いと思いました。また、下目線で考えているものの、25週平均線付近は状況を見て判断しなければなりませんが、ロングも興味深いと思いました。

・週足±2σのラリーか
・ピンクのチャネルが基本、赤紫のラインは信ぴょう性が少し低いか?
・週足レベルでは下目線
・今週(8月13日)週足が陰線で引けるなら5週平均線付近が戻り売りのポイントか?
・状況次第では25週平均線付近のロングも興味深い



~ドル円日足~

22:57 2018/08/16記載

   日足を見ると、バンドの形はヨコヨコから下向きに変わるか否かというところでしょうか。7月19日日足で日足+2σを下に離れ、8月18日日足が日足-2σではね返されています。日足±2σのラリーの可能性が高かったものの、日足25日平均線を上抜けることができず反落。そのため、25日平均線~-2σのラリーのイメージが一番強く感じます。ただ、バンドの下向きの角度がそれほど大きくないことから、一気に下落するというよりも、だらだらと下落するようなイメージが強いです。そのため、日足-2σ(現在110.18円)付近は時間足レベルの逆張りロングも興味深いと思いました。ただ、自分のメインは25日平均線(現在111.45円)付近の戻り売りです。もし、25日平均線をしっかり上抜けるのであれば、日足+2σを目指した上目線に切り替えるかどうかの判断をする必要はあるかと思っています。

・日足バンドの形はヨコヨコから下向きに変わるか否か
・25日平均線~-2σのラリーのイメージが強い
・一気に下落というよりもだらだらと下落か?
・-2σ付近で逆張りロング、メインは25日平均線付近での戻り売り
・25日平均線をしっかり上抜けるなら目線の切り替えの判断が必要か



~ドル円4時間足~

22:19 2018/08/20記載

   4時間足を見ると、18日14時の足から急落したものの、22時の足が4時間足-2σではね返されたものの、週明けの上値は重く、4時間足-1σをいったん上抜けたものの、再び急落し4時間足-1σを下抜けてしまっています。そのためか、4時間足バンドが徐々に下を向き始めているように見えます。しかし、この付近でショートするのは少し遅すぎるようにも思え、むしろ下がりきったところを逆張りでロングしたいと思います。バンドの緩やかな下向きから、それなりのニュースがない限り大きく下落するようには思えず、いったん4時間足-2σ付近で反発するのでは?と考えています。その付近の反応を見て逆張りロングを検討したいと思いました。

・4時間足バンドが徐々に下を向き始めている?
・この水準でショートするのは少し遅すぎるか
・下がりきったところで逆張りロングも興味深い
・それなりのニュースがなければ4時間足-2σ付近で反発の可能性も



~ドル円のポイント~

22:20 2018/08/20記載

110.0-2円付近で保有期間短めの逆張りロングをメインに考えています。

・113.6-8円(月足+1σ付近)
  月足レベルのレンジ上限か
・111.2-4円(日足25日平均線・4時間足+2σ付近)
  日足レベルの戻り売りポイント
  4時間足レベルのドテンショートの可能性も
・110.7-110.9円(週足5週平均線付近)
  週足レベルの戻り売りポイントか
・110.6-8円(4時間足-1σ付近)
  4時間足実体で上抜けるなら追っかけてロングも
*110.0-2円(月足5月平均線付近)
  月足レベルの売り買い分岐点か
  日足・4時間足逆張りロングのポイント
・109.1-3円(週足25週平均線付近)
  状況次第でロングを検討したい

  
~その他のチャートから~

米10年債利回り:・月足+1σを実体で下抜けるまでは上昇トレンド継続中
・週足・日足が方向性がでるためのエネルギー充填中かと
・下に大きく走るなら2.81%を実体で下抜けるか否かが目安
・本当に米10年債利回りに方向感が感じられない
・下向きに走るならニュースや株価指数のチェックを
日経225:・月足は+1σ(現在22364円)ではりついているか?
・週足±1σが大きなポイント
・週足-1σ下抜けをすると月足レベルで下落する可能性も
・日足はいったん下攻めが緩む可能性も?
・上昇するならば日足+1σ付近が大きな砦
・日経225を見ると大きく動く時ではないのかも?