BIusually

1/12トレードレポート

OANDA:USDJPY   米ドル/円
〈昨日の振り返り〉

昨日は通貨が円が独歩高でドル安、アメリカ株続伸、アメリカ債券は債券高でした。円に関しては読売新聞オンラインの金融緩和副作用の見直しが出て1日中円高でした




〈ファンダメンタルズ〉
昨日のアメリカCPIの結果
前年同月比 結果:6.5% 予想:6.5% 前回:7.1%
前月比 結果:-0.1% 予想:0% 前回0.1%
CPIコア指数前年同月比 結果:5.7% 予想:5.7% 前回:6%
CPIコア指数前月比 結果:0.3% 前回:0.3% 前回:0.2%
昨日はアメリカCPIの結果は予想と一致してたのにも関わらず、発表後ドル安で推移してました。おそらくマーケットはインフレ率が減少してると思ってドル安になったのだろうと思います。


〈今日の重要な経済指標〉
今日は24:00にミシガン消費者態度指数が発表されますが、昨日のアメリカCPIで動いたので、今日はシガン消費者態度指数でよっぽどの結果にならない限りは動かないと思います



〈テクニカル分析〉
昨日のアメリカCPIでドル円が130円割れと日足の200日移動平均線をした抜けしましたが、128円でサポートされております。



〈今日のトレード戦略〉
昨日のアメリカCPIを通過して、次は1/18のBOJ(日銀政策決定会合)が注目されます。今のドル円は128円でサポートされておりますが、ドル円がさらなる下落をするには日銀がYCC撤廃やマイナス金利解除をしないと128円以下は下がらないと思います。もし日銀が1/18のBOJで政策変更なしとなった場合は、おそらく円安に振れると思いますが、その時のドル円は130円さらに132円がレジスタンスになってくれるのか、あるいは132円を上抜けして136円あたりまで上昇するのか個人的に注目したいところです