mikan-ya-EURUSD
ロング

ドル円:一応上目線で考えているつもりですが…

FX:USDJPY   米ドル/円
89 views
5
89 0
~ドル円月足~

22:44 2018/09/28記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコが継続しています。16年11月の米大統領選挙以来、月足+1σを上抜けることもなく、-1σを下抜けることもなく、狭い±1σの範囲によるレンジのようにも見えました。ただ、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線によって、月足+1σ付近に位置していることから、月足+1σをブレイクする可能性は十分考えられます。自分としては月足+2σを目指すイメージで考えています。

   チャネルラインを見ると、15年6月を起点としたピンクのチャネルで推移しているように考えていましたが、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線でピンクのチャネル上限ラインをしっかり上抜けています。ひょっとすると、チャネルブレイクして新たなチャネルを形成するのかもしれません。12年9月を起点とした緑のラインも考えていましたが、少しはっきりしないので引き直しの検討も含め、考え直す必要があるのかもしれません。このラインについては今後の動きを見ながら考えます。

   ヒゲが長くてはっきりしなかった月足レベルでしたが、少し流れが出てきたようにも考えられます。まだ18年9月の大陽線はダマシである可能性も否定できないので、ピンクのラインを再び下抜けるようであれば、目線の転換も含め考え直す必要がありますが、月足レベルを見ると、流れに逆らわないほうがいいのかもしれません。

・月足バンドはヨコヨコ
・月足±1σのラリー、+1σを上抜ける可能性も
・現在の目標は月足+2σ
・ピンクのチャネル上限ラインをブレイク、新たなチャネルに突入か?
・月足レベルで流れが出てきた可能性も
・9月月足陽線を否定されない限り、流れに逆らわないほうがいいかもしれない



~ドル円週足~

13:53 2018/09/29記載

   週足を見ると、バンドの5つのラインはすべて上を向いているようです。上昇トレンドが継続しているように見えます。ただ、上向きのバンドであるにもかかわらず、先週(9月24日週足)は実体で+2σをしっかり上抜けた状態になっています。バンドがヨコヨコの状況での+2σ上抜けであればわかるのですが、この状況での+2σ上抜けは少し不思議な状態のようにも見えます。自分のイメージとしては、上向きのバンドウォークをするというよりも、5週平均線~+2σのラリーになるように考えています。なので、週足レベルで考えるなら少なくとも5週平均線付近程度までロングは待ってもいいのかもしれないと思いました。しかし、来週週足で5週平均線付近まで下落するようであれば、先週週足を全否定するほどの大陰線になりかねませんので、上目線ではあるものの、来週の週足レベルのロングは様子を見ます。なお、下目線に切り替わるのは難しいです。

   これまでレジスタンスとして機能してきたピンクのチャネル上限ラインをしっかりブレイクしているように見えます。ピンクのチャネルから赤紫のチャネルに変わったのかもしれません。まだはっきりしたチャネルは自分には見つかっていないので、赤紫のラインに限らず、いろんな目線で考えたいと思います。


・週足バンドは上向き、そのうえで+2σを実体で上抜けている
・バンドの形とローソク足の位置は少し不思議
・上向きバンドウォークというよりも5週平均線~+2σのラリーになるのでは?
・上目線で考えてるが、週足レベルのロングは来週は様子見



~ドル円日足~

14:16 2018/09/29記載

   日足を見ると、バンドの形は発散状態のように見えますが、来週には再び発散から5つのラインが上を向くように思いました。バンドの形がどちらにせよ勢いの強い上昇を継続するのでは?と考えています。9月27日日足で日足+2σをしっかり上抜け、9月28日日足も上抜けたまま上昇しています。少し上昇の勢いが強すぎるようにも見えます。自分のイメージは9月13日に+2σをタッチして以降、5日平均線~+2σのラリーをしているように見えることから、5日平均線付近まで戻るのでは?と考えています。ただ、月曜日・火曜日(10月1日・2日)付近で一気に5日平均線まで下落するのであれば、9月28日日足の高値が上昇の限界だった可能性も出てくるので、様子を見たいと思います。週半ば付近までかけて5日平均線を目指すのであれば押し目買いで考えています。


・日足バンドは発散から上向きに変わるのでは?
・木曜金曜日足は少し上昇の勢いが強すぎる感も
・5日平均線~+2σのラリーのイメージで
・週半ばまでかけて5日平均線まで下落するなら押し目買い目線で
・月曜火曜で5日平均線まで下落するなら下落の勢いが早すぎる



~ドル円4時間足~

21:13 2018/10/02記載

   4時間足を見ると、バンドの形は相変わらず上昇トレンドのようですが、+2σのラインが若干緩くなっているのが気になります。しかし、上目線を転換するにはまだ早そうです。9月27日22時足で一気に上昇し、+2σをしっかり上抜けて以来、5本平均線~+2σのラリーをしているように見えましたが、2日NY時間辺りから上昇が緩み、それからは5本平均線を下抜けています。2日14時足で一気に下落し+1σもしっかり下抜けています。とはいえ、これまでサポートされていた25本平均線を下抜けていないので、押し目なのか、上目線から転換すべきなのかをしっかり見極める必要がありそうです。

   ローソク足から見ても、上値切り上げが続いている以上、基本的には上目線だと思います。9月27日14時安値(112.56円)から10月1日22時足高値(114.06円)まで一気に上昇しているので、上値切り上げが崩れるのは相当勢いのある下落がなければ難しいのかもしれません。自分のイメージは少しヨコヨコの動きになるようにも思いました。112.56円を下値更新するようなら、上目線は中断したいと思います。

   自分のイメージは、まだ25本平均線~+2σのラリーが崩れたと判断できないため、25本平均線付近を押し目買いポイントとした上目線で考えています。もし、25本平均線をしっかり下抜けたとしても、バンドがヨコヨコになるとも考えているので、4時間足-2σ付近で最後のロングを考えています。おそらく、その位置まで動くには時間がかかると思うため、その後の判断で考えが変わるかもしれませんが、もし、急落して9月27日14時安値(112.56円)を下抜けるようであれば、撤退を視野に考えています。


・4時間足バンドは上向き
・上値切り上げが続いていることから上目線継続で
・25本平均線~+2σのラリー継続
・25本平均線付近で押し目買いを
・バンドがヨコヨコになる想定から-2σ付近で最後のロング
・112.56円を下値更新したら撤退を視野に


  
~その他のチャートから~

米10年債利回り:     
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト