mikan-ya-EURUSD
ロング

ドル円:あの下ヒゲはいったんのセリングクライマックスだったのじゃないかと思うわけで…

FX:USDJPY   米ドル/円
256 views
4
256 0
*週足から4時間足まで更新しました。週足+1σを下抜けたように見えることから、流れは下向きに変わったようにも見えましたが、日足や4時間足レベルを見ると、調整の上昇が考えられます。とくに、4時間足を見ると、6日23時足の下ヒゲがセリングクライマックスのような印象です。これから長期的な下目線になる可能性は否定できませんが、これまでのような下目線で臨むのは難しそうです。短期的ですが、上目線でロングのポイントを探したいと思いました。


~ドル円月足~

22:59 2018/12/01記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコからさらに収縮しているように見えました。バンドのエネルギーはだいぶたまってきているような気がします。いつ発散されるかわかりませんが、まだ発散される様子はなさそうなので、あまり月足レベルのトレードは難しそうです。11月月足(始値112.94円高値114.23円安値112.30円終値113.45円)は値幅が2円もなく、10月月足(始値113.70円高値114.50円安値111.37円終値112.94円)の値幅よりも小さく、株のような厳密な考えを無視したイメージでは「はらみ線」のような印象を持ちました。

   チャネルで考えると、15年6月より続いていたピンクのチャネルをブレイクしてから、再びチャネルに帰る様子は今のところ見られません。そして、12年9月を起点とした緑のラインも18年1月に下抜けたものの、再び上昇し、ラインにはりついているようにも見えます。なので、判断は難しいです。今の自分にはチャネルで考えるのはやめておこうと思います。

   18年1月月足から+1σがレジスタンスとして機能し、18年6月に実体で上抜けて以来、5月平均線がサポートとして機能しています。バンドの+1σがフラットであるのに対して5月平均線は上を向いています。つまり、だいぶ1.3円程度の狭くなった5月平均線~+1σがさらに狭くなることから、チャートを見ると、もう保ちあうのも限界のように見えます。どちらにブレイクするかわかりませんが、12月に実体で抜けるのでは?と考えています。
 
   自分のイメージは、この狭いレンジのどちらかにブレイクするまでは月足レベルのトレードはやめておきたいと思います。しかし、実体でブレイクしたときは月足レベルのトレードチャンスと考え、その方向に対して積極的なトレードをしたいと思っています。


・月足バンドはだいぶ収縮しているよう
・チャネルの判断は難しそうなので様子見
・5月平均線~+1σのラリーのようだが、幅が1.3円程度なので、保ち合うのは限界のように見える
・まだ月足レベルのトレードは早い
・5月平均線もしくは+1σのどちらかをブレイクしたとき、その方向に対して積極的にトレードしたい



~ドル円週足~

11:06 2018/12/08記載

   週足を見ると、バンドの形は緩やかな上向きもしくはヨコヨコのようです。ここ数週間は112円台~114円台のイメージですが、調べてみると、9月10日週足で112円台で引けてから続いているようです。その週足より流れがかわる5週平均線が全く機能せず、あまり角度のない+1σ~+2σの狭いレンジで推移していました。ただ、先週週足(12月3日週足)が+1σ(113.09円)を下抜けて(112.68円)引けています。+1σ~+2σのレンジを下抜けた可能性があります。しかし、10月22日週足で+1σを実体で下抜けたものの、翌週(10月29日週足)で再び上抜けたことから、まだ流れが出たと判断するのは早いと思います。来週の週足を確認してから判断しても遅くはないと思います。

   チャネルで考えると、自分としては赤紫のチャネル(真ん中と一番下のライン)で推移していると考えているのですが、一番強く疑っているのが、月足高値である115円付近の水平線と赤紫の一番下のラインによるascending triangle signです。教科書的には上昇三角形として、水平線をブレイクして上昇すると考えられています。まだ、それを見越してロングするわけにはいきませんが、上にブレイクする可能性を意識しておいてもいいのかもしれません。

   週足レベルのイメージでは、+1σ~+2σのラリーが崩れる可能性があることから来週は下目線の可能性は考えられますが、まだ判断ができないことから週足レベルのショートは難しいです。来週も時間足レベルでのトレードが無難かと考えています。+1σを再び上抜けられないような状況が確認できれば、週足レベルのショートも視野に考えたいと思います。ショートの目標ですが、-2σまで下落する可能性は否定できませんが、ascending triangle signのイメージもあることから、赤紫の一番下のライン付近を考えています。


・週足バンドは緩やかな上向きもしくはヨコヨコ
・+1σ~+2σのレンジを下抜けた可能性もあるが油断できない
・ascending triangle signが形成か
・基本的に時間足レベルでのトレードが無難か
・+1σを再び上抜けられないような状況なら週足レベルのショートも視野に
・今は赤紫の一番下のライン付近をショートの目標に



~ドル円日足~

9:07 2018/12/09記載

   日足を見ると、バンドの形は依然としてヨコヨコとなっています。12月4日日足の急落で流れは出てきたように思いましたが、6日日足安値(112.23円)が-2σではね返されたような形となり、7日日足も下落の流れを見せることなく週足が引けています。これが下落の勢いが収まり上昇に転じるのか、単なる小休止なのかを見極める必要があります。

   ローソク足で考えると、3月26日安値(104.62円)→5月21日高値(111.39円)→5月29日安値(108.11円)→7月19日高値(113.17円)→8月21日安値(109.77円)→10月4日高値(114.53円)→10月26日安値(111.37円)と上値切り上げのトレンドになっていましたが、11月12日日足高値(114.23円)が前回高値である10月4日高値(114.53円)を更新できませんでした。その後、上下に細かく振幅し、11月20日安値(112.30円)→11月28日高値(114.03円)が10月4日高値(114.53円)も10月26日安値(111.37円)も更新できていません。可能性として考えていたsymmetrical triangle signは11月20日安値(112.30円)を下値更新(12月6日日足112.23円)したことから否定されたように思います。ただ、下落の勢いがあまりないことからsymmetrical triangleのブレイクと考えるというよりも、黄緑のチャネルのイメージに感じました。そう考えると、チャネル下限ラインである112円付近で日足レベルの調整があるのかもしれません。その付近の反応は重要だと思いました。

   日足レベルのイメージですが、6日7日日足の値動きがはっきりしないことから、-2σではね返されたようには見えるものの、バンドがヨコヨコなことから+2σを目指していくのか、25日平均線や-1σがレジスタンスとなってラリーしていくのかを見極める必要があります。そう考えると、この先の動きははっきりとイメージすることができませんが、少なくとも-2σをしっかり下抜けてバンドウォークする可能性は少なくなったように思います。なので、-2σ付近でロングするのも興味深いと思いました。しかし、週足レベルで流が変わっている可能性が考えられますので、+2σ付近まで保有するよりも、いったん25日平均線付近を目標に考えたいと思います。


・日足バンドは依然としてヨコヨコ
・symmetrical triangle signブレイクというよりも黄緑のチャネルで推移か?
・下落するなら112円付近の反応は重要か
・±2σのラリーになるのか、25日平均線もしくは-1σ~-2σのラリーになるのかを見極める必要
・-2σ付近で25日平均線付近を目標にしたロングが興味深い



~ドル円4時間足~

9:44 2018/12/09記載

   4時間足を見ると、バンドの形は下向きから収縮しようとしているように見えました。これまで考えていた112.5円の壁を12月6日23時足で下抜けた(112.23円)ものの長い下ヒゲとなって、はね返されたようにも見えます。しかし、反転上昇という感じにも見えず上値は重そうに思いました。7日3時足で-2σから上放れし、11時足で-1σを実体で上抜けたものの、25本平均線をタッチできずにその後は反落。19時足のイベントも4時間足レベルでは無風状態のようです。上値は重そうに見えましたが、これまでのような下落の勢いは感じられず、どちらかというと、6日NY時間からの上昇をゆっくりと否定する程度にしか見えませんでした。そう考えると、下落の勢いは少し衰えたものの、上昇する気もさらさらなく、次の一手待ちといった感じでしょうか。

   ローソク足を見ると、28日23時足高値(114.03円)→29日19時足安値(113.18円)→12月3日7時足高値(113.82円)→5日3時足安値(112.57円)→6日3時足高値(113.24円)→6日23時足安値(112.23円)と下値切り下げのトレンドが続いています。そう考えると、下目線で考える必要があります。ただ、6日3時足高値と23時足安値によるフィボナッチを考えると、7日11時足高値(112.2円)が61.8%を超えていることから、これまでのような下落になるのかどうか少し気になるところではあります。これまでのような下目線の考え方は少し危険になったのかもしれません。6日23時足安値(112.23円)を下値更新できるか否かが今後のポイントの一つになってくると考えています。

   また20日19時足安値より形成された上値切り上げのトレンドから三尊天井と考えるのであれば、教科書的にはいったんネックライン付近まで戻ることが考えられますが、今のところ、戻った形跡が見られません(波動的に6日3時足高値がネックラインまで戻ったと考えられなくもないですが)。そう考えると、いったん調整的な上昇は起きるのではと考えています。

   4時間足レベルのイメージですが、バンドが収縮に変わってきていることから、これまでの下落のイメージが変わってきたように思います。これ以上の下落はいったん中断するのでは?と思いました。また、6日23時足で見せた下ヒゲは-2σを大きく下抜けたものの、一気にはね返されたことから、いったんのセリングクライマックスの様子にも見えます。そう考えると、ショートはあまり興味がわきません。なので、ロングで考えたいと思います。ここでロングをするのも問題はないように思いますが、もう少し押したところでロングしたいです。そう考えると、大きなポイントが4時間足-2σ付近と考えられます。もし、7日3時足安値(112.43円)を下抜けることができず、-2σ付近ではね返されるのであれば、ロングをしたいと思います。そして、6日3時足・7日15時足と25本平均線付近ではね返されているので、25本平均線を上抜けるなら、さらなるロングをしたいと思いました。今のところ、このロングは+2σ付近まで目標を考えたいと思います。


・4時間足バンドの形は下向きから収縮へ
・下値切り下げ継続も、フィボナッチからこれまでの下落の流れが変わったかもしれない
・6日23時足の下ヒゲはセリングクライマックスの可能性も
・112.43円を下抜けなければ-2σ付近でロングをしたい
・25本平均線を上抜けるならさらなるロングも考えたい
・今のところロングの目標は+2σ
JA 日本語
EN English
EN English (UK)
EN English (IN)
DE Deutsch
FR Français
ES Español
IT Italiano
PL Polski
SV Svenska
TR Türkçe
RU Русский
PT Português
ID Bahasa Indonesia
MS Bahasa Melayu
TH ภาษาไทย
VI Tiếng Việt
KO 한국어
ZH 简体中文
ZH 繁體中文
AR العربية
HE עברית
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートライブラリ お問い合わせ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い お問い合わせ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト