OANDA

ドル円は安値更新も底堅く、反発にも要注意!?

OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY
昨日のドル円は107.25-107.50のレンジを下抜け106.80付近まで下落後、反発し107円台を回復する動き。
下落基調が続いているが、時間足チャートを見ると、安値更新に失敗するような動きとなり、反発にも少し警戒が必要な状況と考えられる。
106円台に突入したものの、すぐに押し戻されるような動きとなっており、達成感から利益確定が出やすい状況と考えられ、下落基調で構築された売りポジションの決済により押し上げられる可能性を見出すことができる!?
ただし、再度安値を更新するような動きとなると、このような期待が失望に代わり、反発を狙った参加者の損切りを絡め、短期的にでも下押しが強まる可能性も考えられるため、状況に合わせて柔軟な対応が必要となりそうである。