ringoinvestrade

【5/15ドル円環境認識】日足上昇トレンドはいったん崩れている

OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY

【環境認識】
●月足
トレンド:上昇
レジサポ:130円抵抗、125円支持

●週足
トレンド:上昇
レジサポ:131円抵抗、129支持
上昇からの調整であればFR38.2%は125円で月足の水平ラインと重なる。

●日足
トレンド:ヨコヨコ、下降トレンドになるか?
レジサポ:129円抵抗、127円支持
高値安値切り下げ。130円を終値で超えず抑えられた場合は調整が入るか。
日足20SMAを一回割った。
FR61.8%は130円の位置。
目立つ水平ラインは125円。127円を割れば一気に調整するか。

●4時間足
トレンド:下降
レジサポ:129.500円抵抗、レジサポライン、FR61.8%。
     127.500円支持、前回安値。
130円を超えてくれば、ヨコヨコか再度上昇も可能性あり。
4時間足20SMAと日足20SMAの間。
トレード中: ●エントリー
2022年5月13日10:16 128.950円ショート(指値)

●ターゲット
125.350円(指値)
日足フィボナッチエクステンション100% 125.200円
月足水平ライン、レジサポライン

●ロスカット
131.600円(前回高め)

●リスクリワード
1.43

日足を軸としたスイングトレード。
4時間足では127円の水平ラインで反発が予想されるが利確はしない。
コメント: ●ロスカット変更
128.950円(建値決済)
現在+80pips
最大+170pipsまで伸びていたが、ターゲットの位置は変更しない。
トレード中: 128.505円(逆指値)
4時間足で高値切り下げ確認。
+40pipsは確定。
トレードは手動で終了しました: 2022年5月30日21:42 127.750円(逆指値)
+115pips、+11,504円
高値が切り下がるたびに逆指値を下げていた。
安値も切り上がり、三角持ち合いとなり上昇することも想定はしていた。
下降チャネルの上限付近であったため、逆指値の位置を近づけすぎた感じはあったが結果的に大きく上昇したので助かった。

一時期+250pips以上伸びていたので、利益が少なくなったが今回はトレンドが続く限り追っていこうと決めていたので仕方がない。
反省点としては環境認識で決めたターゲットの位置が厳しかった。
しっかりと値幅を取るためには、ターゲットの位置を決める力を鍛える必要がある。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。