mikan-ya-EURUSD

ドル円:週明けで世界が一回りして111円をしっかりつけるなら上目線で…

FX:USDJPY   米ドル/円

ドル円

 もう少し上昇の勢いが強いと、長期的な上昇の可能性も考えられるような気がしました。

 週足を見ると、25週平均線が110.83円に対し、引け値も110.83円。7月17日の週以来、実体で上抜けたことがないので、来週に111円をしっかり上抜けることができるかがポイントとなりそうです。111円をしっかりつけてくるのであれば、上目線で考えていきたいです。
 上昇の目標は週足+2σ(113.71円)です。来週にこの水準まで上昇するとまでは考えていませんが、意識をしています。もし、週足バンドウォークするほどの上昇であれば、月足で今年に下抜けて以来実体で上抜けたことのない25月平均線(現在114.96円)を目指してくるのでは?と思っています。
 しかし、111円をつけて引くことができなかったのも気になります。

 日足を見ると、北朝鮮のミサイル、NY時間開始付近の高騰で実体も長く上下ヒゲも長い大荒れになりました。この上ヒゲで111円を上抜け、111円の水平線、日足+2σを上抜け7月28日以来の高値を付けてきました。上ヒゲとはいえ、一回でも風穴を開けたことは大きいと思いました。
 しかし、実体で上抜けることができなかったことから、111円ではね返された可能性も否定はできません。バンドがヨコヨコのようにも見えますので、金曜日の日足では判断がつきにくいと思いました。週明けの相場を確認してから判断するのが一番かと思いました。週明けは様子を見ます。

 4時間足を見ると、ヒゲの長い、あまりきれいなチャートには見えません。バンドも収縮し、月曜日はあまり値動きが乏しくなるのかもしれません。ただ、4時間足でバンドウォークをするようであれば、ついていきたいとも思いました。


ドル円のポイント
・来週は111円をしっかりつけてくれば上目線で…
・上昇するなら目標は113.7円付近か?
・ただ、日足が111円を実体で引くことができなかったので月曜日は様子見で…
・4時間足はヒゲだらけのきれいでないチャート
・4時間足バンドが収縮しているので値動きが乏しいかも…
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト