mikan-ya-EURUSD

ドル円:今日明日に111円の水平線を攻略できるかがカギ

FX:USDJPY   米ドル/円


ドル円

 日足を見ると、今日の25日平均線が110.96円(現在)に対して、高値が110.94円と、はね返されたようにも見えます。普通なら25日平均線~-2σのラリーも考えられますが、バンドの形からラリーは難しいのでは?と思いました。今まではバンドの5つのラインが下を向いていましたが、今週に入り-2σのラインが上向きに転じ、収縮状態になっているように考えられます。なので、ここではね返されて-2σを目指すイメージよりも、バンドがヨコヨコの形になるように+2σを目指すイメージの方がしっくりきます(当然ながら-2σを目指す可能性は否定できません…)。
 自分の買いポジションは、もう少し泳がせておこうと思いました。

 4時間足を見ると、5本平均線~+2σのラリーはまだ継続しているように見えます。基本的にはこのラリーはまだ続くと思います。もし5本平均線を下抜けたとしても+1σのラインはそれなりに威力があるようにも思っています。
 しかし、111円ちょうどは水平線が引けるほど強いポイントになっているような気もしました。111円の水平線は5月からサポレジとして機能し、111円を挟んでステージが違うようにも見えます。今日明日の111円を日足実体でしっかり上抜けて引けないと、上昇の勢いに陰りが出てくるかもしれないことを意識しておいて損はないと思いました。

 しばらくは買い目線で考えていますが、4時間足5本平均線および+1σをしっかり下抜けるのであれば買い目線は一旦中断して考え直します。


ドル円のポイント
・日足のバンドが収縮
・日足-2σを目指すよりも+2σを目指すイメージか?
・4時間足5MA~+2σのラリー継続
・4時間足5MAを下抜けても+1σは機能するかも…
・111円で水平線が存在しそう…
・111円を日足実体で上抜けるかに注目