mikan-ya-EURUSD
ロング

ドル円:日足25日平均線を超えた功績は大きいのか?

FX:USDJPY   米ドル/円
122 views
5
122 0
*日足・4時間足を更新しました。日足25日平均線をしっかり上抜けたことから、日足レベルで状況が変わったような印象でした。さらには4時間足5本平均線~+2σのラリーと上昇の勢いは強そうです。一気に上昇を否定するような4時間足大陰線が出ない限り上昇の勢いは衰えることがないのかもしれません。逆に、もし大陰線が出現するのなら目線を固定したままは非常に危険かもしれません。

~ドル円月足~

22:44 2018/09/28記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコが継続しています。16年11月の米大統領選挙以来、月足+1σを上抜けることもなく、-1σを下抜けることもなく、狭い±1σの範囲によるレンジのようにも見えました。ただ、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線によって、月足+1σ付近に位置していることから、月足+1σをブレイクする可能性は十分考えられます。自分としては月足+2σを目指すイメージで考えています。

   チャネルラインを見ると、15年6月を起点としたピンクのチャネルで推移しているように考えていましたが、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線でピンクのチャネル上限ラインをしっかり上抜けています。ひょっとすると、チャネルブレイクして新たなチャネルを形成するのかもしれません。12年9月を起点とした緑のラインも考えていましたが、少しはっきりしないので引き直しの検討も含め、考え直す必要があるのかもしれません。このラインについては今後の動きを見ながら考えます。

   ヒゲが長くてはっきりしなかった月足レベルでしたが、少し流れが出てきたようにも考えられます。まだ18年9月の大陽線はダマシである可能性も否定できないので、ピンクのラインを再び下抜けるようであれば、目線の転換も含め考え直す必要がありますが、月足レベルを見ると、流れに逆らわないほうがいいのかもしれません。

・月足バンドはヨコヨコ
・月足±1σのラリー、+1σを上抜ける可能性も
・現在の目標は月足+2σ
・ピンクのチャネル上限ラインをブレイク、新たなチャネルに突入か?
・月足レベルで流れが出てきた可能性も
・9月月足陽線を否定されない限り、流れに逆らわないほうがいいかもしれない



~ドル円週足~

9:23 2018/10/27記載

   週足を見ると、バンドの形は上向きからヨコヨコに変わりつつあるように見えます。少し状況が変わったのかもしれません。10月15日週足で陽線が出たものの、先週(10月22日週足)はそれを全否定するような陰線が出て、+1σをしっかり下抜けているように見えます。+1σ~+2σのラリーの可能性は少し難しいように見えました。

   9月24日週足から10月8日週足で形成された「三川宵の明星」サインが点灯してから、上値が重そうな展開になっているようです。10月8日週足で9月24日週足の陽線を全否定したときに5週平均線を下抜けてから、5週平均線がレジスタンスとして機能しているように見えます。この5週平均線が上値のポイントなのかもしれません。

   基本的に売り目線で考えています。しかし、もし「三川宵の明星」サインが本当であるならば、この後しっかりした長めの陰線が必要と考えています。さらには、先週(10月22日週足)安値(111.37円)を実体で更新する必要があります。もし、できなければ先週安値が25週平均線ではね返されている可能性も否定できなくなります。そうなると、下目線一辺倒は危険なのかもしれません。

   チャネルで考えると、赤紫の下のラインと下から2番目のラインによる上昇チャネルで推移しているように見えます。そう考えると、チャネル下限であるラインが25週平均線のすぐ下に位置していることから、これまでの下落がいったん終了する可能性は否定できません。チャネル下限ライン付近で下落の勢いが弱まるようであれば、短期的なロングも検討する必要があると思います。

・週足バンドは上向きからヨコヨコへ
・三川宵の明星サイン点灯から上値が重い
・5週平均線がレジスタンスとして機能か
・基本的に売り目線
・週足レベルで売り目線になるなら来週は長めの陰線になる必要が
・チャネル下限ライン付近で下落の勢いが弱まるなら短期的なロングも検討する必要が



~ドル円日足~

21:01 2018/10/31記載

   日足を見ると、バンドの形はヨコヨコが続いています。10月22日日足が25日平均線ではね返されて、26日日足が-2σではね返されています。このことから、25日平均線~-2σのラリーになる可能性を考えていましたが、30日日足で25日平均線を実体で上抜けてしまいました。これにより、25日平均線~-2σのラリーの可能性はかなり難しくなったように見えます。

   ローソク足で考えると、10月4日日足高値(114.54円)から下落。10月15日安値(111.62円)→10月22日高値(112.88円)→10月26日安値(111.37円)と下値切り下げのトレンドのようにみえましたが、結局22日高値を更新したことから、全体的に見えると、3月26日日足から続いている上値切り上げのトレンドは続いていると考えることができます。そして、8月21日安値(109.72円)と10月4日高値(114.54円)によるフィボナッチで考えると、10月26日安値(111.37円)がおよそ61.8%に位置するところに見えます。そう考えると、まだ上昇の勢いは続いているのかもしれません。

   自分は25日平均線を上抜けてしまったことから上目線に切り替える必要があると思いました。ただ、日足レベルで突っ込んだロングはあまり根拠が見当たらないので、押し目買いで考えたいと思います。押し目買いのポイントに挙げられるのは、やはり25日平均線かと考えています。22日日足を見るとレジスタンスとして機能した25日平均線がサポートとして機能するのかを確認してからロングしたいと思います。逆に25日平均線を再びしっかり下抜けるようであれば、いったん様子を見て考え直したいと思います。


・日足バンドはヨコヨコ継続
・22日日足でレジスタンスとして機能した25日平均線を実体で上抜け
・26日安値がフィボナッチ61.8%付近
・22日日足高値更新で3月26日日足から続く上値切り上げのトレンドは継続しているように見える
・押し目買い目線
・25日平均線付近が押し目買いポイント
・25日平均線をしっかり下抜けるなら考え直し



~ドル円4時間足~

21:19 2018/10/31記載

   4時間足を見ると、バンドの形は発散から上向きに変わりつつあるようです。30日14時足で+2σに到達するもしっかり上抜ける様子は見られませんでした。しかし、下落する様子も見られず、そのあとも18時・22時・2時足と5本平均線がサポートとして機能し、5本平均線~+2σのラリーというすごく勢いの強い上昇となっています。31日14時足で5本平均線付近まで下落し、このまま下抜けるかはね返されるかの分岐点のような状況です。

   これまでの振幅の激しい下値切り下げから一気に上昇し、ローソク足の波動の観点では少し壊れた相場のようにも見えます。それだけ勢いのある上昇の印象です。

   5本平均線~+2σのラリーから、この付近でロングも十分考えられますが、自分としては、24日18時足や26日2時足でレジスタンスとして機能してきた+1σが今度はサポートとして機能するかを確認したいです。もしサポートとして機能するのであれば+1σ~+2σのラリーという強い上昇の勢いは確認できるので、ロングしたいと思います。もし、-1σを長い実体で下抜けるようであれば、これまでの上昇の勢いが一気に打ち崩される可能性もあることからロングは様子見しショートでついていきたいと思いました。また、この後さらなる上昇した場合、+2σ付近でショートしたいと思いました。


・4時間足バンドは発散から上向きに
・5本平均線~+2σのラリーか
・ローソク足の波動は少し壊れたくらい上昇の勢いは強い
・下落した場合、これまでレジスタンスとして機能した+1σ付近の反応を見たい
・+1σ付近でロング、実体で一気に下落するようならショートでついていきたい
・+2σまで上昇するならショートしたい
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト