fxsho

5通貨ペア トレード

fxsho Pro+ アップデート済   
OANDA:USDJPY   米ドル/円





5通貨ペア トレード

図解以外のパターンではエントリーをしない。

ひたすら図解のパターンを待つ。

ポジポジするトレーダーは真似できるかな?
コメント:
ちなみに、図解のパターンができたからとネックをブレイクするとは限らない。

ブレイクせずに反転して高値更新、トレンド継続も多いに有り得るので注意。

あわよくば、ネックブレイクでエントリーできれば。少なくとも、一つの波の終焉を捉え天井を

掴んだことなるので、少しは期待しても良いかも。

エントリーの時期が来るまでさいなら。
コメント:

GBPUSD ネックブレイク、Shortポジション 1.21061 エントリー済み。

他通貨ペアは高値更新。EURUSDは横ばい。
コメント:

USDJPY 高値切り下げ、ネックブレイクの想定パターンの条件を満たしたのでShortエントリー実施。

しかし、GBPUSDとUSDJPYは逆相関なのでUSDJPYが下げると、GBPUSDのショートポジションが逆行してしまう。

まぁ、ここはルール通りで成り行きを見ていきましょう。この結果は、今後の肥やしにしたいと思います。
コメント:
コメント:
コメント:
コメント:


GBPUSDの行方が気になる。
コメント:
コメント:
「5通貨ペアのトレードを振り返って」

V字(高値切り下げ、安値切上げ)反転をきっかけに、エントリーのシナリオを立て実行した結果

改めて「改・三種の神器」の威力を実感した。また、V字反転もこれ単独でのエントリー根拠では

信頼性に欠けるが、転換のキッカケとしてはいい仕事をしてると思う。V字反転・EMAクロス・

ネックブレイクを忠実に実行すれば、良い成績が出せそうな気持ちになった。

1時間足を実行足にしたのも良い選択だと思う。これより短い足になると、V字の値幅をいじくり回す

ことになり、苦労する割に損失の方が大きくなると思う。今後の経過の更新はしないが、ドル円、ユーロ円は

順調に順行している。ポンドドルは始末をどうするかもうしばらく行方を見守りたい。ポンドルも

V字(高値切り下げ)反転はしているので、今後どう動くかはトレードの肥やしにしたい。
コメント:


クロス円はDOWN ドルストレートは横ばい。
コメント:
コメント:
コメント:
エントリーから利確までの流れが分かっていれば、ポジポジ病やチキン喰いは治せるのだけど。(独り言)
コメント:
コメント:

週またぎの3通貨ペア、ショートポジションの経過と、ショートポジション早期撤退したポンドルの 

来週の予想。

余談だが、トレード状況に応じた背景色を施してみた。ちょっとどぎつい気もするが、テンション爆上がり。

背景色で現状が一目でわかるので、監視中のチャートを管理しやすくなった。是非試してみては。 

コメント:
コメント:
コメント:
エントリー中の3通貨ペアは5EMAと20EMAがクロスしたので裁量で決済。

引き続き押し目のタイミングを見てロングエントリー予定。ポンドルはドル円との相関が

合わないが、ロングエントリー済み。状況次第で損切りの可能性あり。