mikan-ya-EURUSD
ショート

ドル円:6月6日高値が非常に重要なポイントかと…

FX:USDJPY   米ドル/円
67 views
0
67 0
~ドル円月足~

22:07 2018/06/11更新

   現時点では、25月平均線(現在109.57円)を上回っているように見えます。本格的な下目線復活になるには、109.5円を下抜けたときかもしれません。

22:56 2018/06/06記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコで、これからは大きな流れはあまりよくわからないように見えます。また、17年9月から12月に少し上抜けたものの、17年1月に下抜けて以来、25月平均線から大きく上抜けた印象にはなれません。大きな印象を持ったのが、緑のサポートラインを下抜けてしまっていることです。この緑のラインは安倍政権の誕生が確信したときから続く、アベノミクスのラインと考えていて、そのラインを18年12月にしっかりと下抜けてしまっています。超長期的な上目線の流れは完全に変わっているように見えます。そして、現時点はピンクの下降チャネルで推移していると考えています。今は上から2番目と3番目のラインで推移していると考えています。

・月足バンドはヨコヨコ
・25月平均線をしっかり上抜けるかが大きなポイント
・アベノミクスのラインを下抜けてしまっている
・ピンクの上から2番目と3番目下降チャネルで推移している


~ドル円週足~

22:09 2018/06/11更新

   著変ありません。

23:03 2018/06/06記載

   週足を見ると、バンドの形はヨコヨコ、もしくは若干収縮しているように見えます。現在はピンクの上から2番目のラインで、チャネル上限付近と考えています。この付近の反応はしっかりと確認しておく必要があると思います。週足実体で111円をしっかりつけてくるようであれば、ピンクの上限ラインを上抜け、チャネルが崩れる可能性もでてきます。現時点での週足レベルはあまり方向感がつかめませんでした。

・週足バンドはヨコヨコもしくは若干収縮
・ピンクの2番目のライン付近でチャネル上限付近か
・111円を実体でしっかりつけてくるならチャネルが崩れる可能性も
・週足レベルは方向感が感じられない


~ドル円日足~


22:14 2018/06/11記載

   日足を見ると、バンドの形はヨコヨコで、大きな流れは感じられません。バンドとは別視点で、5月21日高値(111.39円)と5月29日安値(108.11円)によるフィボナッチを考えると、6月6日高値(110.26円)が61.8%(110.14円)付近ではね返された可能性が十分考えられます。そのため、6月6日高値(110.26円)を上抜けるまでは下目線で考えたいと思います。ただ、下落したとしても、日足-2σ(108.45円)や5月29日安値(108.11円)でいったんは落ち着くのでは?と考えています。しかし、6月6日高値が日足+2σにはるかに届かず失速していることから、下抜けバンドウォークの可能性も十分考えられ、日足-2σで反発を期待したロングは様子を見たほうがいいように思いました。

・日足バンドはヨコヨコ
・6月6日高値がフィボナッチ61.8%ではね返されたか?
・下落しても日足-2σや5月29日安値でいったん落ち着くかも
・下抜けバンドウォークの可能性が十分考えられるのでロングは様子見

22:13 2018/06/10記載

   日足を見ると、バンドの形はヨコヨコで、大きな流れは感じられません。バンドとは別視点で、5月21日高値(111.39円)と5月29日安値(108.11円)によるフィボナッチを考えると、6月6日高値(110.26円)が61.8%(110.14円)付近となり、6月7日日足で6月6日日足陽線を否定するかのような陰線をつけています。そのため、フィボナッチ61.8%ではね返された可能性が十分考えられます。ただ、日足バンドが大きな流れを感じさせないことから、はね返されて下落したとしても、日足-2σ(108.45円)や5月29日安値(108.11円)でいったんは落ち着くのでは?と考えています。しかし、6月6日高値が日足+2σにはるかに届かず失速していることから、下抜けバンドウォークの可能性も十分考えられ、日足-2σで反発を期待したロングは様子を見たほうがいいように思いました。

・日足バンドはヨコヨコ
・6月6日高値がフィボナッチ61.8%ではね返されたか?
・下落しても日足-2σや5月29日安値でいったん落ち着くかも
・下抜けバンドウォークの可能性が十分考えられるのでロングは様子見


~ドル円4時間足~


22:24 2018/06/11記載

   4時間足のバンドは上昇からヨコヨコの状態になっているように見えます。週明けである6月11日6時の4時間足が-2σではね返され、その後も-1σや25本平均線を一気に上抜けています。そのため、このまま4時間足+2σ(現在110.27円)付近まで上昇する可能性は十分あると思います。また、6月6日高値(110.26円)が4時間足+2σ付近に位置していることから、この付近の反応は十分注意する必要があると思います。自分のイメージですが、この付近はそれなりのニュースがなかったらはね返されるのでは?と思っています。逆張りになるのかもしれませんが、この付近でショートするのも興味があります。

・4時間足バンドはヨコヨコ
・4時間足+2σ付近まで上昇する可能性も
・4時間足+2σ付近の反応は十分注意を

22:24 2018/06/10記載

   4時間足のバンドは上昇からヨコヨコの状態になっているように見えます。6月8日14時の4時間足の陰線で4時間足-2σを一気に下抜けたものの、18時の足で完全否定はできなかったものの、はね返されてしまい、バンドの形が発散することができなかったように思います。しかし、上値も重く、22時の足で4時間足-1σを上抜けることができずにいます。ひょっとすると、このまま4時間足-1σ~-2σのラリーになるのかもしれません。6月7日2時高値(110.26円)から短い期間で4時間足-2σまで到達したことから、あまり±2σのラリーになるようなイメージにはなれず、4時間足-1σ(109.59円)もしくは25本平均線(109.81円)~-2σのラリーになるのでは?と考えています。

・4時間足バンドはヨコヨコ
・6月7日高値から-2σに到達する期間が短い
・±2σのラリーよりも-1σ(もしくは25本平均線)~-2σのラリーのイメージか


~ドル円を総合的に考察~

22:35 2018/06/11記載

   米10年債利回りの上昇チャネルが崩れていないので時期尚早かもしれませんが、日足25日平均線ではね返されたような形を考慮すると、ドル円の下落の予兆として意識しておく必要があるかもしれません。日経225はあまりサインを出していませんが、ダウ30も大きなポイント付近に位置していることから、米10年債利回りやダウ30は明日もしっかり監視する必要がありそうです。

   現時点で、フィボナッチ61.8%ではね返されたと考えられた、6月6日高値(110.26円)をしっかり上抜けるまでは下目線で考えたいと思います。とはいえ、4時間足は週明けオープンから急上昇しているようにも見え、安易なショートは難しそうです。4時間足+2σ付近まで上昇するのであれば、6月6日高値(110.26円)付近でもあることを考えて、逆張りですが110.2-3円付近でショートしてみたいと思いました。撤退ポイントですが、6月7日2時の4時間足の+2σが110.35円でピンクのライン付近でもあることから、それを上抜けた110.4-5円付近を考えたいと思いました。ただ、6月11日18時の4時間足で14時の高値を更新できずに陰線をつけたことから、反転する可能性もあります。ここで反転するのであれば、4時間足+2σを上抜ける助走になりかねませんので、指値ショートは控え、その付近の反応を見て考えたいと思います。

・米10年債利回り、ダウ30の風向きに変化が出る恐れが
・大きなニュースがない限り大きく上向くようには思えない
・4時間足+2σや6月6日高値付近の上値は重くなるかも?
・4時間足+2σである110.2-3円付近でショートしたい
・撤退ポイントは110.4-5円付近で
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト