OANDA

ドル円は方向感鈍く、均衡がいずれに崩れるかを見守りたい。

OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY
昨日のドル円は安値をさぐる動きとなった後、108.20付近をサポートに反発に展示、108.50付近まで上昇する動きとなった。
日足チャートを見ると、方向感の鈍い動きが続いており、本日も鈍い動きとなる可能性も十分に考えられそうである。
時間足チャートを見ると、値動きが収縮し、力を貯めるような動きとなっており、均衡が上下いずれに崩れるかを見守りたいところである。高値、安値を結んだラインや、直近のレンジとなる107.80-108.80をいずれに抜け出すかで強弱を探っていきたい。

コメント