mikan-ya-EURUSD

ドル円:少しトレンドが変わるかもしれないので、ロングもショートもこれまでとは違う考えで…

FX:USDJPY   米ドル/円
93 views
5
~ドル円月足~

22:44 2018/09/28記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコが継続しています。16年11月の米大統領選挙以来、月足+1σを上抜けることもなく、-1σを下抜けることもなく、狭い±1σの範囲によるレンジのようにも見えました。ただ、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線によって、月足+1σ付近に位置していることから、月足+1σをブレイクする可能性は十分考えられます。自分としては月足+2σを目指すイメージで考えています。

   チャネルラインを見ると、15年6月を起点としたピンクのチャネルで推移しているように考えていましたが、18年9月の実体が長くヒゲの短い(ほとんどない)陽線でピンクのチャネル上限ラインをしっかり上抜けています。ひょっとすると、チャネルブレイクして新たなチャネルを形成するのかもしれません。12年9月を起点とした緑のラインも考えていましたが、少しはっきりしないので引き直しの検討も含め、考え直す必要があるのかもしれません。このラインについては今後の動きを見ながら考えます。

   ヒゲが長くてはっきりしなかった月足レベルでしたが、少し流れが出てきたようにも考えられます。まだ18年9月の大陽線はダマシである可能性も否定できないので、ピンクのラインを再び下抜けるようであれば、目線の転換も含め考え直す必要がありますが、月足レベルを見ると、流れに逆らわないほうがいいのかもしれません。

・月足バンドはヨコヨコ
・月足±1σのラリー、+1σを上抜ける可能性も
・現在の目標は月足+2σ
・ピンクのチャネル上限ラインをブレイク、新たなチャネルに突入か?
・月足レベルで流れが出てきた可能性も
・9月月足陽線を否定されない限り、流れに逆らわないほうがいいかもしれない



~ドル円週足~

10:01 2018/10/13記載

   週足を見ると、バンドの形はまだ上を向いているようです。10月1日週足で+2σを上抜けていたものの上ヒゲの長い十字線「トウバ」の形となり、先週(10月8日週足)は9月24日週足(始値112.40円、安値112.40円)を全否定(安値111.83円、終値112.20円)したように見えます。高値圏でのこの形は、「三川宵の明星」に見えます。教科書的には売りサインが点灯したということになりそうです。

   バンドを見ると、かろうじて+1σ付近でとどまって引けました。週明け反転して週足+1σ~+2σのラリーになる可能性はゼロではありませんが、先週の大陰線を見ると、その可能性はあまり期待できません。また、9月10日週足よりサポートとして機能してきた5週平均線も、先週の週足でしっかり下抜けしています。

   これらのことを考えると、短い時間足ではともかく、週足レベルでは下目線で考えざると得ません。突っ込んでショートするか、少し戻したところをショートするかは判断が難しいところです。とりあえず、週足がしっかり5週平均線を下抜けたことから、軽めのお試しショートで臨み、5週平均線をしっかり上抜けるまでは、日足以下の短い時間足で売りポイントが出たら積極的にショートしたいと思いました。

・週足バンドはまだ上を向いているよう
・高値圏での「三川宵の明星」サイン点灯か?
・週足+1σ~+2σのラリーになる可能性はゼロではないが期待は難しそう
・5週平均線をしっかり下抜け
・週明け軽めにショート
・短い足で売りポイントが出たら積極的にショートしたい
・5週平均線をしっかり上抜けたら様子見



~ドル円日足~

21:34 2018/10/16記載

   日足を見ると、バンドの形は上向きからヨコヨコに変わりつつあります。日足レベルでは大きな方向感がなくなるのかもしれません。直近の日足高値(114.54円)・安値(110.38円)の更新は少し先になるかもしれません。

   バンドのどのラインが機能しているのかわかりませんが、10月4日より下落トレンドに変わってから、5日平均線がレジスタンスとして機能しています。そのため、5日平均線を実体で上抜けるならば、4日からの下落トレンドはいったん終了になる可能性があると思います。

   また、月曜日(15日日足)陰線を今日(16日日足)や明日(17日日足)で全否定するようであれば、5日平均線も上抜けると思いますので、その時はロングでついていきたいと思います。

・日足バンドは上向きからヨコヨコへ
・高値(114.54円)・安値(110.38円)更新は少し先になるかも
・5日平均線がレジスタンスとして機能している
・月曜日(15日日足)を全否定するようであればロングでついていきたい




~ドル円4時間足~

21:53 2018/10/16記載

   4時間足を見ると、バンドの形は下を向きから収縮に変わりつつあるようです。10月12日10時足より-1σではりついているように思っていましたが、今日(16日)10時足でしっかり上抜けました。ただ、現時点で、これまでサポートとして機能してきた25本平均線付近ではね返されるか否かのポイントにいます。この時点の状況下では今の水準はショートのポイントかと考えています。

   もし、25本平均線~-2σのラリーが続いているのであれば、この水準ではね返され-2σを目指すと考えています。しかし、前回(15日18時足)に-2σをタッチすることができなかったことから、これまで通りの下落トレンドとは少し状況が変わっているようにも思えます。そうであるなら、-2σ付近まで下落するのであれば、25本平均線をブレイクすると想定した少し長めのロングをしたいと思います。ただし、4日6時足からきれいな下値切り下げの状況が続いていることから、15日18時安値を更新するようであれば、ロングをしたとしても、そこまで長く保有するかどうかは状況を見て考えたいと思います。

   この25本平均線を実体でしっかり上抜けるようであれば、日足レベルで上目線と考えるつもりですが、4時間足レベルではバンドがヨコヨコになることを想定して、+2σ付近で最後のショートを考えたいと思います。ただ、これまでのショートとは違い、4時間足バンドがヨコヨコになるのを想定しているため、保有時間は4時間足レベルの長さで考えたいと思います。


・4時間足バンドは下向きから収縮へ
・現時点はショートのポイント水準か
・下落するのなら-2σ付近でロングしたい
・15日18時安値を更新するか否かでロングの保有時間を考えたい
・25本平均線をしっかり上抜けるなら-2σ付近で日足目線とは別に最後のショート
・このショートはこれまでと違って短めで


  
~その他のチャートから~

米10年債利回り:・月足+1σを実体で下抜けるまでは上昇トレンド継続中
・週足バンドウォークになるか否かの状態
・3.12%を更新するようなら週足バンドウォークの可能性
・2.99%を更新するようなら週足-1σを目指す可能性
・日足ば強いバンドウォーク状態
・よほどインパクトのある日足大陰線が出ない限り上目線か
・ドル円は米10年債利回りが上昇している限り下目線は難しそう
・ドル円が下落するなら、米10年債利回りを確認する必要が…
ダウ30:・月足+1σ~+2σのラリー継続、高値更新から月足+2σを目指すのか?
・週足5週平均線~+2σのラリーか
・5週平均線を下抜け、26144ドル以下で引けるまでは上目線
・日足上値切り上げ中
・日足25日平均線~+2σのラリーか
・25日平均線を下抜けるまでは上目線
・次回25日平均線ではね返されたとき、その後の動きは注目
日経225:・月足+1σ~+2σのラリーか
・23000円の水平線をしっかり上抜け、週足バンドウォーク状態
・三角保合い上放れ
・5日平均線もしくは日足+1σ~+2σのラリーなのかも…
・日足+1σを下抜けるまでは上目線継続
・下落したとき、23000円の水平線付近の反応は注目したい
・陽線を全否定するくらいの陰線が出ない限り目線を変えるのは難しそう…
VIX恐怖指数:・VIX指数はボリンジャーバンドに素直
・-1σ付近10.1-10.5を下抜けるとリスクオンの終焉の可能性
・-2σが下がりすぎ、反転の可能性強い
・+2σ付近18.7-19.0を上抜けると○○ショック級のリスクオフの可能性
・現在25月平均線付近でオンでもオフでもない
・8月9日が直近最もリスクオンだった可能性も
ドルインデックス:・月足レベルでオレンジの上昇チャネルで推移か
・月足25月平均線ではね返されるか否かの判断中
・96.98を更新するなら月足レベルで上目線
・週足は逆N字波動の中間上昇の可能性も否定できない
・週足バンドは収縮、方向感はあまり決めつけられない
・日足バンドはヨコヨコ
・オレンジのラインや日足+2σではね返されたようにも
・25日平均線や日足-2σを目指した軟調の可能性も
・ドル高の流れが変わるかも
・ユーロドルの巻き返しやリスク状況によっては一気に円高の可能性も

コメント