mikan-ya-EURUSD
ロング

ドル円:基本的に上目線だが、上がりすぎや4時間足25本平均線下抜けには注意を…

FX:USDJPY   米ドル/円
126 views
4
126 0
~ドル円月足~

22:22 2018/08/16記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコでさらに収縮しているようにも見えます。16年11月の米大統領選挙以来、月足+1σ(現在113.77円)を上抜けることもなく、-1σ(現在106.81円)を下抜けることもなく、狭い±1σの範囲によるレンジのようにも見えました。この±1σのどちらかを月足実体で抜けるまでは、長くてもポジションは週足レベルで考えたほうがよさそうに思いました。

   チャネルラインを見ると、15年6月を起点としたピンクのチャネルで推移しているように見えました。そうであるならば、月足レベルでは下降トレンドが続いていると考えられます。ピンクのラインをしっかり上抜け、18年7月高値(113.17円)を更新するまでは、月足レベルの上目線は難しそうに見えます。もし、更新するのであれば、月足+1σの位置関係と合わせて判断したいと思います。ピンクのチャネルとは別に12年9月を起点とした緑のラインも気になるところです。このラインは16年に一度はね返されていますが、18年2月に下抜けています。その後は緑のラインに張り付いているようにも見えますが、上抜けることができていません。もし、このまま下に離れてしまうのであれば、緑のラインがサポレジ転換ラインとなり、とても重要なラインになる可能性があります。

   月足5月平均線(現在110.26円)や月足25月平均線(110.29円)を下抜けていません。とはいえ、17年1月以降、5月平均線や25月平均線ではりついているような相場といえ、あまり平均線は機能していないようにも見えます。現時点では110.2円付近がひとつの分岐点程度に考えたいと思います。

   月足レベルで大きなトレードのポイントになるところは、今のところわかりませんでした。月足レベルはどちらかというとブレイク待ちというところでしょうか。月足レベルでの方向感も大きく感じられませんので、ポジションを持ったとしても、週足以下レベルで考えたいと思います。

・月足±1σの範囲によるレンジ相場
・ピンクのチャネルより月足レベルは下降トレンドか
・月足5月平均線・25月平均線は参考程度
・月足レベルではトレードのポイントはわからず
・ポジション保有は週足レベル以下の長さで



~ドル円週足~

10:03 2018/09/15記載

   週足を見ると、バンドの形は上向きから収縮に変わってきているように見えます。そして、これまで上ヒゲはともかく実体で上抜けることができなかった週足+1σをしっかり上抜けています。7月23日週足程度からあまりインパクトのないローソク足が続いていましたが、ようやく印象的な週足が現れたように思います。

   先週の週足陽線でピンクのチャネル上限ラインを若干上抜けているようにも見えます。しっかりと上抜けた印象はまだ持ってないので可能性程度にしか見ていませんが、ひょっとすると、ピンクのチャネルをブレイクして新たな相場に変わる可能性も十分考えられます。この付近で判断を見誤ると大きな損失になりかねないと考えていますので、これまで以上に慎重に相場を判断する必要があると思います。

   バンドが収縮してきていることから、大きな動きにつながらず、週足+2σ付近ではね返される可能性も十分に考えられます。そう考えると、長期的なポジションを持つのはまだ早いのかもしれません。日足レベル以下の中期短期レベルのトレードで考えたいと思います。

   長期的に上目線で考えるのであれば、7月16日週足高値(113.17円)を更新してから判断しても遅くはないように思っています。さらに、その付近にちょうど週足+2σも位置しています。なので、この付近の反応はとても重要です。長期的なロングはそのあとになると思います。

   逆に、反転しピンクのチャネルに戻ってくるようであれば、先週(9月10日週足)の陽線を否定するのを確認したいと思っています。ここ数週間、目立った実体の週足がなかったことから、この陽線はインパクトが大きく、それを否定しないことには短期はともかく、長期的な下目線は難しそうです。9月10日週足安値(110.85円)を実体で下抜けるような週足が出るようであれば上目線は中断し、下目線に転換するか否かを判断したいと思います。

・週足バンドは収縮気味
・週足+1σ、ピンクのチャネル上限ラインを上抜けか?
・これまで以上に相場を判断しないと大損失の可能性が…
・まだ日足レベル以下のトレードで…
・長期的に上目線なら113.17円更新、下目線転換なら110.85円更新してから判断したい…



~ドル円日足~

10:24 2018/09/15記載

   日足を見ると、バンドの形は発散状態でローソク足も+2σを上抜けて引けています。上向きのバンドウォーク状態と考えられます。しかし、金曜日(9月14日)日足のローソク足が木曜日(9月13日)日足に比べると、あまり勢いがないようにも思えるのが気になりました。基本的に上目線で考えたいと思いますが、週明けで日足+2σを下抜けてしまうと、上昇の勢いは衰えるかもしれないので注意が必要と考えています。具体的に、日足+2σを下抜けているときは上目線のトレードを避け、金曜日(9月14日)日足安値(111.75円)を下抜けるなら上目線は中断かと考えています。もし、+2σを上抜けてさらなる上昇するようであればロングで考えたいと思います。

   上昇の勢いが良過ぎるのも少し問題で、日足+3σ付近まで上昇するのであれば、上がりすぎと考えられます。その付近では短期的にショートしたいと思います。ただ、基本的に上昇の勢いは強いことから、ショートポジションの保有期間は時間足レベルで短く、日跨ぎでポジションを持つのは厳禁だと考えています。

・日足バンドウォーク状態か
・基本的に上目線のトレードか
・日足+2σを下抜けているときのロングは避けたい
・111.75円を下向き更新するなら上目線は中断
・日足+3σ付近は上がりすぎと考え、ショートしたい
・ショートの保有期間は短く、日跨ぎは厳禁



~ドル円4時間足~

10:43 2018/09/15記載

   4時間足を見ると、バンドの形はきれいに上を向いています。また、13日2時足~13日22時足の安値が25本平均線でサポートされていることから、現時点では25本平均線~+2σのラリーをしていると考えられます。4時間足レベルでも上目線と考えられます。ただ、現時点で+2σ付近に位置していることから、この+2σを大きく上抜けて上昇するとは考えられないので、週明けは少し戻るかヨコヨコの動きをするのでは?と考えています。なので、追っかけてロングするよりも少し様子を見てから押し目買いで考えたいです。

   8月29日22時足高値・9月5日22時足高値・12日6時高値とピンクのチャネル上限ライン付近ではね返されましたが、13日22時足実体でラインを上抜けブレイクしているように見えます。このピンクのラインが重要な意味を持っているように見えます。次の押し目の時、ピンクのライン付近ではね返されるのであれば、ピンクのラインがサポレジ転換ラインとなって、今後にとってさらに重要なラインになるように思います。はっきりとは言えませんが、おそらくピンクのライン付近まで下落したとき、25本平均線もピンクのライン前後に位置していると考えていますので、この25本平均線ではね返されるか否かで目線が変わってくるのでは?と考えています。25本平均線付近ではね返されるようならロング、下抜けるなら上目線中断で判断したいと思います。

・4時間足バンドは上向き
・25本平均線~+2σのラリーか
・追っかけてロングよりも押し目買いで考えたい
・25本平均線付近が押し目買いポイントか
・25本平均線を下抜けるなら上目線中断
・ピンクのラインがサポレジ転換ラインになるか注目


~ドル円のポイント~
11:09 2018/09/15記載

基本的に上目線だが、上がりすぎや4時間足25本平均線下抜けには注意を…

・月足+1σ付近(参考113.8円付近)
  月足レベルのレンジ上限か
・113.17円
  更新するなら長期的上目線を考慮
・日足+3σ付近(参考112.4-7円付近)
  逆張り短期ショート
・日足+2σ付近(参考112.0-3円付近)
  下抜けたらロングは様子見
・111.75円
  日足レベル上目線中断
・4時間足25本平均線付近(参考111.6-9円付近)
  押し目買いポイント、下抜けるなら上目線中断
・110.85円
  更新するなら長期的下目線を考慮
・月足5月平均線付近(参考110.8円付近)
  月足レベルの売り買い分岐点か

  
~その他のチャートから~

米10年債利回り:https://jp.tradingview.com/chart/TNX/i3QCTWGp/
・月足+1σを実体で下抜けるまでは上昇トレンド継続中
・週足バンドはヨコヨコ
・週足-2σを目指すようなら、三尊天井確定の可能性も
・日足バンドがヨコヨコから下向きに変わりつつある
・日足25日平均線~-2σのラリーか
・アメリカ発のニュースに警戒を
・三尊天井確定から下落した場合、株価指数の下落も連れて、ドル円暴落の可能性も
ダウ30:https://jp.tradingview.com/chart/US30/fcVWb1jv/
・月足+1σ~+2σのラリー継続、+1σの下抜けには要注意
・週足+2σ、黄緑のチャネル上限ラインではね返された可能性も
・日足の下ヒゲの長いローソク足は「底堅い」可能性もあるが、底が抜けると「底深い」可能性も
・26075ドルを日足実体で上抜けるのであれば下目線はいったん中断
・ニュースを伴ったダウ30の急落はドル円下落に過敏に反応しそうなので要注意
日経225:https://jp.tradingview.com/chart/JPN225/wm4ff2ib/
・月足は+1σではりついているか?
・最近の月足ローソク足は実体が短くヒゲが長いため、気迷い相場か?
・週足バンドはヨコヨコ
・赤い水平線と緑の実線ラインによる三角保合いか
・23000円を突破よりも、その後が重要
・週足+2σ・日足+2σをしっかり上抜けることがとても重要
・日経225が上昇トレンドになったとしても今のところドル円は下落しにくい程度かと…
VIX恐怖指数:https://jp.tradingview.com/chart/VIX/iwiX7Ify/
・VIX指数はボリンジャーバンドに素直
・-1σ付近10.1-10.5を下抜けるとリスクオンの終焉の可能性
・-2σが下がりすぎ、反転の可能性強い
・+2σ付近18.7-19.0を上抜けると○○ショック級のリスクオフの可能性
・現在25月平均線付近でオンでもオフでもない
・8月9日が直近最もリスクオンだった可能性も
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト