mikan-ya-EURUSD

ドル円:ブレイク待ちに…イベント待ちに…手が出せなさそう…

FX:USDJPY   米ドル/円
74 views
0
74 0


ドル円
21:01 2018/03/20


ドル円のポイント
・日足バンドの収縮状態が続く
・日足、黄緑のチャネルを上抜けるかと…
・4時間足、下降三角形、+2σを上抜けできていない


ドル円の予想とトレード
・中長期的な下落トレンドから、日足±2σ付近でのラリーになるのでは?
・大きなニュースがない限り、明日のFOMC警戒で値動きが乏しくなるのでは?
・4時間足下降三角形のブレイク待ちのため基本的に様子見


   日足を見ると、バンドが収縮状態が続き、これまでの下落トレンドの流れが変わったように思います。今までと同じように考えていると、大やけどする可能性もあるため、慎重に考えたいと思います。後は1月9日に下抜けて以来、上抜けることができていない(あまりレジスタンスとして機能しているようにも見えませんが…)25本平均線(現在106.52円)を日足実体で上抜けるのを確認したいと思います。

   今年に入って黄緑のチャネルで推移していましたが、3月9日に日足実体で上抜け、状況が変わるように思っていましたが、その後も黄緑のラインに張り付いたままで、これまでの下落トレンドの流れが変わったのかどうか、自分の中ではっきりしませんでした。もし、今日の日足で大きく下落しない限り、黄緑のチャネルを上抜けると思いますので、下落トレンドの流れが変わるのでは?と思っています。ただ、ここから大きく上昇するとまでは考えられず、バンドの形からも、日足±2σのラリーになってヨコヨコの動きになるのでは?と考えています。



   4時間足を見ると、東京欧州時間で上昇したものの、下降三角形および、4時間足+2σ(現在106.53円)を上抜けブレイクできていません。おそらく、大きなニュースがない限り明日のFOMC政策金利発表の警戒でブレイクできないような気がします。

   ブレイクしないことには、中長期的な値動きが予想できないので、それまで待つ状態です。また大きなイベントもあることから、基本的に様子見で考えています。ただ、もしFOMCのような大きなイベント前に、下降三角形や4時間足+2σを上抜けられると、FOMCでの値動きが全く予想がつかなくなるような気がします。   
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト