WeInvestigators

USDJPY

WeInvestigators アップデート済   
OANDA:USDJPY   米ドル/円
4H足で分析。現状がローソク、短期線ともに長期線を下抜けた状態。
今週はFOMC、日銀の緩和継続、為替介入と目まぐるしく動き、戻しているものの短期線が長期線を下抜け、もう一度、下を試してもおかしくない状態。
段⑩の中での動きに終始しているため、レンジ状態は変わらない。
➊日米の金利差❷ドル需要から、外部的には上昇要因は変わらないが、為替介入による下抜けが、どこまで投資家心理に関係してくるのかが分からない。
為替介入を警戒しての上昇では、当然上昇スピードは限られる。
荒い値動きから大きく下げ、積みあがったロングポジションも解消され、暫くは様子見相場の中でゆっくり上昇をするのではないかと思う。
今週以降のシナリオは➊レンジからの上昇❷一度下を試すの2つのシナリオで臨みたい。
個人的には➊レンジでの調整を経て、147を目指す動きになると思う。
139.356付近までの調整に入ると、どこかで損切して、再度の上昇局面で入り直し。
トレードは手動で終了しました: 一度利確しました。来週以降については、再度考えます。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。