mikan-ya-EURUSD

ドル円:下目線でも111円が割れるのを確認しないと…ドル円:下目線でも111円が割れるのを確認しないと…

FX:USDJPY   米ドル/円
85 views
3
85 0

ドル円
21:07 2017/11/27

ドル円のポイント
・週明けは静かなオープン
・111.2円を下抜けて引けるのであれば日足バンドウォークは継続
・日足5MAではね返されている
・4時間足25MAではね返されている
・4時間足25MA~-2σのラリーは継続中
・株価指数はまだ方向性はわからない


みかんやの売買と予想
・明日のトレードはおそらく様子見
・まずは111円を割り込んで、4時間足-2σを一旦目指すのを確認するまではトレードはできなさそう
・株価指数はもうすぐ大きく走るかもしれない…
・株価指数は上に走れば、ドル円の日足バンドウォークは終了するかもしれない…


 今週の週明けは30分足でもどこが週末週明けの境かわからないくらい、大きな窓も開けることなく静かなオープンになりました。

 
 日足を見ると、バンドは依然として発散中で、現在日足-2σ(現在111.21円)付近に位置しています。このまま111.2円を下抜けたまま日足が引けるのであれば、日足バンドウォークは継続しているように思います。また、5日平均線(現在111.50円)ではね返されたようにも見えます。この5日平均線を上抜けるまでは下目線は継続だと思います。


 4時間足を見ると、東京時間でつけた高値(111.69円)が25本平均線ではね返されているように見えます。きれいな25本平均線~-2σのラリーが継続しているように見えます。これで111円を割るようであれば下落トレンドは継続しているように思います。
 下目線で考えているものの、現時点の水準付近ではショートは難しく、おそらく明日は様子見になると思います。まずは111円を割り込んで、4時間足-2σを目指すのを確認したいと思います。それまではトレードはできなさそうです。


 ダウ30は、4時間足のバンドがかなり収縮し、23500-23580ドルの狭いレンジになっているように見えます。23650ドルを上抜けるか、23450ドルを下抜けると、その方向に流れるのでは?と思いました。特に23650ドルは日足バンドウォークにもつながる可能性が出てくるので要注意です。

 日経225の4時間足のバンドは依然としてヨコヨコで大きな方向感はわかりません。4時間足±2σである22700円を上抜けるか、22330円を下抜けるかで方向性が出てくるように思います。ただ青いラインからの三角持ち合いのように見えるので上抜けに注意しています。


 株価指数は、まだどちらの方向に走るのかはわかりません。しかし、まもなく大きく走るのでは?とも思っています。今はどちらの方向か決めるのはやめて先ほどのポイントに到達するのを待っておこうと思いました。もしポイントを突破した時はドル円も大きく反応するのでは?と思います。
 特に、上に走るのであれば、ドル円の日足バンドウォークは終了するかもしれません。



ダウ30


日経225


ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト