OANDA

ドル円は時間足チャートにダイバージェンス発生

OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY

昨日のドル円は上値の重い状態が続き112.00を少し割り込むところまで押し込まれるような動きとなっている。
時間足チャートを見ると安値を切り下げる動きが続いているが直近ではRSIがダイバージェンス気味の動きとなっており、下落の勢いが和らいでいるようにも見え、反発に転じる可能性も考えられそうである。
111.80を割り込むまずに昨日のレジスタンスとなった112.50を上抜ける動きとなる場合には上昇基調が本格化する可能性が高まりそうである。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。